結婚相手の選び方に反省

2019.02.06 更新

30代自営業

月収
借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
2年2ヶ月
毎月の返済額
5万円

夫の借金を肩代わりしたら自分が借金地獄に。

30代の最後に、12歳年下の夫と結婚しました。当時大学院生の夫は社会経験もなく、可愛い歳下という感じでした。私は個人ですが事業がなかなか好調で悠々自適の暮らしをしていました。私の所有するマンションに夫が越してくる形で結婚し、学生の夫を当面養うつもりで結婚生活が始まったのです。ところが、結婚後半年もしないうちに夫が大学院を辞めてしまい、そのまま無職状態になりました。しかも、その時まで知りませんでしたが、夫は奨学金を利用していたんです。夫の父親は進学校の校長で裕福でしたが、家族にお金を出さないということも初めて聞きました。奨学金の請求は、大学院を辞めるとすぐに来るようになりました。夫の実家も当然知らないふりです。仕方なく残金を預金から支払い、それが借金のきっかけになりました。

三井住友カードから200万円。月々5万円の返済

マンションは分譲でしたが、事業が最も順調だった頃に現金で購入しており、借金は人生で初めてでした。当時はクレジットカードは毎月8万円程支払いがありましたが、携帯代や光熱費に食材といった健全なものです。服などのショッピングは使い過ぎをセーブするために現金にしていたので、かなり計画的で無駄のない使い方をしていました。ところが、景気の悪化で一時的に収入が落ちてしまい、苦しい状況になった時には預金は夫の多額の奨学金で消えていたんです。家計の補填にやむなく借金をしました。カードは万が一に備えて持っていたもので、こんなことで使うとは思わず、5万円の出費はとても苦痛でした。夫は相変わらず仕事に就けません。結婚を心から後悔しました。

任意整理で解決しました!ひとまず安心しました。

半分以上払ったところで一度冷静に金利の計算を改めてしてみると、月々無理のない金額に抑えた分、異常に金利が高いことに気づきました。夫の実家は自分の息子の教育費を払わせておいて知らないふりです。聞けばお酒とギャンブルに全財産が消えているそうです。そこで弁護士に相談し、個人再生や自己破産以外で解決をお願いしました。自己破産なんてしたら、マンションを手放すことも視野に入れなければなりません。金額がそれほど大きくなかったことで、任意整理で大丈夫でした。一時的にクレジットカードは使えなくなりましたが、元々光熱費などの引落し用に使用していただけなので問題がなかったのも幸いです。

結婚そのものを考え直すきっかけにもなりました。

経済的にはしっかりやっていた方なので、夫婦のあり方を考え直すきっかけになったことは良かったと思います。任意整理は金利をカットしてもらうことなので、交渉術に長けている人なら自分でも可能です。しかし、仕事もあるので弁護士に依頼できて助かりました。それに、金額によっては交渉中に裁判を起される可能性もあり、素人には難しいものです。任意整理で残金は大幅に減り、半年かからずに完済できました。その後クレジットカードも含めて一切処分し、今はクレジットカード機能は付いていないデビットカードに切り替えました。夫とは離婚も考えましたが、そうすると学費を払ってあげただけの結婚になるので、投資した分、今は自分の配下で働かせて能力を発揮して貰っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

三井住友銀行の債務整理体験談

変なプライドから周りの人に見栄を張るために大量の借金をしてしまい、辛い借金が始まってしまいました。

借入額400万円

知り合った女性に好意を持たれたくて貢ぎ、借金地獄に。

借入額260万円

兄弟の借金を肩代わりして思い知らされました

借入額400万円

周りに見栄を張って散財。クレジットカードを限度額まで使い借金苦に。

借入額200万円

自営業者の債務整理は覚悟次第です

借入額500万円

友人の口車に乗せられ、借金が雪だるまのようになりました。

借入額650万円