夫が体を壊して失業してしまい、妻の私の収入だけでは足りずに医療費や家賃や子供の学費のために借金をするようになりました

2017.11.29 更新

主婦

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
1年6ヵ月
毎月の返済額
4万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

夫が体を壊して失業中の時にレイクから50万円、プロミスからも50万円の借金がありました。両方とも限度額ギリギリでしたので、これ以上の借入はできませんでした。レディースローンでしたのでパート勤めの私でも借りる時は簡単に借りられました。レイクは最初の限度額は30万円でプロミスは50万円だったと思います。レイクは一度も遅れずに返済が終わった後に融資の枠を50万に増やしてくれました。家庭環境の悪化は特にありませんでしたが、夫が糖尿病で働けない状態でしたので妻の私が体を壊さないように健康には気を使いましたね。二人の子供は、まだ大学生と高校生でしたので働くのは難しかったです。夫の代わりに妻の私が一家の大黒柱として家事も仕事も頑張ろうと思いました。

夫は失業中でしたので妻の私だけが働いていました

<督促方法>電話での督促
<督促の詳細>返済が一日でも遅れると、すぐに携帯か自宅に催促の電話が来ました。遅れそうな時は、消費者金融の方に連絡は入れるようにしていたのですが、家事と仕事で忙しくて忘れる時がありました。レディースローンでしたので催促の電話も女性の方から来ましたね。男性からの電話は一度も無かったような気がします。優しい口調でしたが「3ヵ月以上滞納すると場合によっては自宅訪問もあります」と言われました。とにかく、私は返済する意志を伝える意味でも、月の返済額の最低金額の50%でも払うようにしていました。例えば月に返済額が最低2万円の場合でも1万円だけ返済します。こうすれば、元金は1万円でも減っていくので業者の方も「返済する意思が無い」とは判断しないと思いました。順調な返済計画とは言えませんが、元金は少しずつ減らす事ができました。

月の返済額の最低金額の50%でも払うようにしていました

3ヵ月以上滞納するような事はありませんでしたが、しっかりと契約通りの返済をしてないので消費者金融の方から何度か注意はされました。それでも、消費者金融の場合は「全く返済しない客」と「一部でも返済してくれる客」は区別するようでしたので財産の差し押さえなどはなかったです。一部でも返済している以上は借金の元金は減っているのでブラックリストなどにも入らずに済んだようです。業者からの催促の電話も自分なりにしっかりと対応をしました。催促の電話も無視しないで、しっかりと対応する事が借金生活では大切かもしれません。苦しい借金生活でしたが、体を壊した夫の再就職が決まってからは1年足らずで金利を含めて全額返済する事ができました。遅れがちだった返済も、夫と私の給料で繰り上げ返済ができるようになってからは、早いペースで完済ができました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

レイクの借金返済体験談

彼女の家で同棲していたが出ていくことになり引越し資金を用意するために借金を決意。

借入額90万

会社の破綻に伴い給料が大幅にカットされたのがキッカケ。パチンコと麻雀で更に借金悪化。

借入額500万円

様々なギャンブルを行い借金。返済よりギャンブルに使い返済不可能に。

借入額100万円

友達が働いてなく代わりに借金。友達が返済せずに借金地獄に。

借入額120万円

金額を計算せずに洋服を購入していたら返済不可能に。

借入額130万円

ギャンブルをするために借金。多重債務者になり返済だけのために生きる日々に。

借入額120万円