株で失敗をして借金をすることになりました。

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
2年10ヶ月
毎月の返済額
9万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

友人の間で副業が流行っていましたので、私も会社に内緒で株式投資を始めました。最初の頃は順調に進めていたのですが、ある時チャンスがあり、一気に借金をして数百万円投資をしたのです。ところが、私の読みは外れて株は暴落して行きました。途中で売りに走ったのですが時すでに遅し。結果的に200万円も借金をすることになり、目の前が真っ暗になったのを覚えています。私は仮死状態でしたが、なんとか本業の仕事を続けて返済をしようとしていました。生活はかなりひもじかったです。毎日の食費を1500円から300円にしており、3食ともスーパーの安売りで買ったカップラーメンを食べていました。飲み会などにはことごとく欠席し、交遊費はすべて借金に充てていました。その努力もむなしく、滞納をする羽目になったのです。

私の貯金は残り500円、引き落としができずそのままにしていました。

<督促方法>郵便での督促だけでなく、電話の督促も
<督促の詳細>借りている以外の会社のキャッシングやカードローンも審査に通らず、結局私は滞納する運命になりました。あの時無理をしなければ良かったと後悔をしてばかりで、前向きな事が全く考えられません。そんな時にだめ押しの一撃として、業者から督促状が届いたのです。ポストに入っていたその封筒を開けると、期限まで払ってくださいと定型文的な内容が書かれていました。私はどうしても払うことができませんでしたので、首でも吊ろうかと思いましたが、友人にその話をすると、当然止められました。その代わり、解決策があるということを教えてくれたのです。何かと思えば、ネットワークビジネスでした。今頃そんな物でお金が返せる訳がないと思い、即断りました。そうこうしているうちに2通目の督促状が来ました。やはり、お金がない私にはどうすることもできません。

司法書士さんを紹介してもらうと過払い金請求をしてくれました。

ある日、私が株仲間と電話をした時のことです。現状が悲惨なことを思い切って告げると、知り合いに債務整理を得意とする司法書士さんがいると教えてくれたのです。すぐに私はその司法書士さんに電話をします。電話を受けた司法書士さんは、一度会ってお話をした方がいいと思いますと言ってくれたので、次の休みの日に事務所に行きました。初対面で顔も知りません。実際に会ってみると、私がイメージしていた顔とは少し違う40台半ばぐらいの男性です。今までの顛末を話すと、『過払い金請求できそうなので、業者に開示請求をしましょう』と言ってくれました。思い切って話をしてみるものですね。暗いトンネルの向こうにうっすらと明かりが見えた気分です。それから4ヶ月して55万円ほど過払い金が戻って来ました。当然、債務も減額して返済することができるようになったのです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

【体験談】収入のない主婦でも夫に内緒で任意整理は可能?

目次主婦が多額の借金をして生活が苦しくなった場合、正しい解…

保証人がある借金を任意整理した時、保証人に与える影響は?

目次保証人付きの借金。任意整理をしたら、返済義務が保証人へ…

任意整理すると住宅ローンは組めなくなる?

目次任意整理後に住宅ローンは組めなくなる任意整理すると住宅…

モビットの債務整理体験談

パチンコのために、借金をたくさんしてしまいました。

借入額200万円

自分にもあった、過払い金!

借入額340万円

友人を助けるために借金をしました

借入額200万円

軽い気持ちで借りると借金の感覚が麻痺します

借入額150万円

お金持ちの生活にあこがれて、欲しいものを何でも買った。

借入額350万円

自ら意欲的に支払うことの意味

借入額150万円