ギャンブルにのめり込んでしまい、当時月20万円の給料では足りず借金。気付いた時には借金だらけの生活になっていました。

2019.03.25 更新

借入先業者名
借入額
380万円
借入期間
3年2ヶ月
毎月の返済額
12万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

その当時、会社員として1か月間働いてもらえる給料は20万円でしたから、毎月12万円の返済をすると生活はギリギリでした。毎日もやしだけを食べた月もあり、その時は倒れそうになりました。電気やガス・水道も節約していましたから、冬でも暖房は付けず夏は窓を開けて暑さを凌ぐといったことを7年間続けました。
いつになれば借金生活が終わるのだろうと思いながらも、一生このままなのではないかという不安でいっぱいの毎日でした。
起きていても寝ていても考えるのはお金のことばかりで、お金に支配された生活を送っていました。

借金生活7年目の夏ごろに会社を辞めることになり返済が出来なくなり滞納してしまったため、弁護士に相談しようと思いました。

借金生活7年目の夏ごろに急に会社を辞めることになってしまい、収入が激減しました。それまでは何とか会社員として月20万円の給料を貰い、そこから返せていましたが、とうとうそれが出来なくなってしまったのです。
会社を辞めてすぐアルバイトを掛け持ちでしましたが、それでも返済に必要な十分な金額を稼ぐことが出来ず、とうとう滞納をしてしまいました。その後もどうにかならないものかと金策に走ったのですが上手くいかず、滞納3ヶ月目で返済を急かす電話がくるようになり、弁護士に相談しようと決めました。

借金額が減り、現在は全額返金することが出来ました。

<債務整理の種類>個人再生
<手続きの詳細>駅で偶然見かけた広告にあった弁護士事務所へ行き、そこで弁護士と話し合った結果、私は個人再生という選択をして借金額を100万円にまで減らしてもらうことが出来ました。弁護士に相談したころには次の就職先が決まっていたので選べた手段でした。
毎月の返済額も3万円にまで減ったので、生活は以前に比べてぐっと良くなりました。もやしばかりの食事では無くなりましたし、電気も点けられるようになりました。
借金の返済に追われていた生活からやっと抜け出せたことで、私は数年ぶりに安心して生活が出来るようになったのです。

真剣なまなざしで私と向き合ってくださったので、信頼できると感じられました。

私が相談している間ずっと、弁護士の方は真剣なまなざしで私と向き合ってくださいました。その目から私のことを本気で考えてくれていると感じ、信頼が置けると思いました。辛い借金生活のことを話していたら涙が溢れてしまったのですが、その時も私が落ち着くまで弁護士の方は何も言わず待っていてくれました。
債務整理にはいくつかあることと、その中の個人再生のメリットだけでなくデメリットについてもきちんと私に分かるよう話してくださったので、覚悟してその選択をすることが出来たのも良かったです。
手続きに掛かる費用も明確な形で提示してくださいましたから、安心して頼むことが出来ました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

債務整理で業者との和解交渉にかかる期間はどのくらい?

目次債務整理にかかる期間は?早ければ数日?過払いが発生して…

レイクの債務整理体験談

年老いた両親の介護費用が生活の負担に

借入額450万円

独身時代にお金を使いすぎる生活をしていました

借入額200万円

当たり前の生活を取り戻せる、借金整理

借入額5000万円

女に貢ぐ為に借金をしました

借入額130万円

夫が事故で働けなくなって借金で生活費を補てんしました

借入額200万円

ホストクラブに嵌ってしまって借金地獄になりました

借入額170万円