知り合いの借金返済を助けるつもりで消費者金融からお金を借りた所、知り合いが行方不明になり、貸したお金も返して貰えず、借金を抱える事になりました。

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
2年間
毎月の返済額
12万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

知り合いから借金返済が出来なくて困っている、お金を貸して欲しいと言われたのですが、自分は住宅ローン返済があるため、エイワとフクホーからそれぞれ50万円ずつ借りて、お金を知り合いに貸しました。
貸したお金は1か月以内に返済すると言う事でしたが、それ以降連絡が取れなくなり、実質100万円の借金を自ら抱えてしまい、更に返済が出来ないので、アイフルとアコムの2社からそれぞれ50万円と言うお金を借りてしまったのです。
これにより、200万円と言う高額な借金を抱えてしまい、家族間の信用を失う事になりました。

家族間の信用を取り戻すための借金相談をしたかったのです。

アコムとアイフルから借りた100万円よりも、知り合いに貸した100万円の話を家族にしなかった事が原因で家族からの信用が無くなりました。
住宅ローン返済があるので、借金を返済する事が出来るだけの収入は無く、どうすれば良いのか途方に迷っていた時に、過払い金返還請求や債務整理と言う言葉が記載してある弁護士事務所の広告を目にしました。そこには借金相談を無料で行うと言う事が書かれており、手持ちのお金も無かったので無料と言う言葉に惹かれて相談に出向いたのが始まりで、弁護士に相談しようと思ったきっかけは家族間の信頼を取り戻したかったからです。

200万円の借金は40万円まで減額し、マイホームも処分する事なく借金問題を解決出来ました。

<債務整理の種類>個人再生
<手続きの詳細>個人再生手続きと言う方法で債務整理をして貰う事になりましたが、個人再生手続きは裁判所を利用すると言う事もあり、初めは裁判所など行った事がないので、他の方法はないのだろうかと思いました。
相談をしたところ、個人再生手続きは弁護士が代理人となって全ての処理を行ってくれる、住宅を所有している場合でも、不動産を手放さずに4社からの借金を減額する事が出来ると言う事でした。
何も知らない状態で弁護士に相談をしましたが、自分にも解り易く説明をしてくれたので、安心感を得る事が出来ました。
個人再生手続きにより、月々の返済額は12万円から3万円に減りました。

解り易く説明をしてくれる、親身になって相談に応じて貰えました。

電話で弁護士事務所に連絡をした時には、緊張のあまり上手に話をする事が出来ませんでしたが、弁護士事務所に行くと、30代後半の弁護士さんが自分の担当となり、こちらの状況などについて耳を傾けてくれました。
一通りの話をすると、個人再生手続きでの債務整理は最大で5分の1まで減額する事が出来る、マイホームを所有している場合でも、自己破産のように手放す必要が無い、再生計画書が受理される事で手続きを進める事が出来るなど、解り易く説明をしてくれたので安心感を得る事が出来たのです。
尚、現在は家族間の信頼も戻り、家族とマイホームが自分の宝になりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

楽天カードを任意整理すると審査はどうなる?

目次楽天カードの借入を任意整理するメリット3~5年で無理なく…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

任意整理でアイフルの借金を減らしたい時の要確認ポイント

目次アイフルの借金を任意整理する際の4つのメリット。将来利息…

フクホーの債務整理体験談

自分で自由になるお金が欲しくて借金をし、趣味にお金を使いこんでしまい借金地獄に陥りました。

借入額280万円

手取り給与の半分を返済額が超えたら既に多重債務者です

借入額200万円

他人のために借金をしてはならない

借入額160万円

親が営んでいた自営業の経営悪化し資金繰りのお金が必要のため、借金してお金を渡しました。

借入額150万円

家業の経営を助ける為に借金。

借入額150万円

免責不許可事由にあっても反省次第では自己破産出来る

借入額400万円