両親の生活費を援助するために消費者金融で借金をしたら、大量の借金を抱え自分が苦しい生活を送ることになってしまいました。

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
260万円
借入期間
3年9ヶ月
毎月の返済額
12万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

毎月の給料が23万でしたから半分以上を借金返済に充てていたため、生活は非常に厳しく簡単なものではありませんでした。
仲間と週末飲みに行きたくてもそのためにお金を使うわけにはいきませんでしたから、断るしかありません。その内、あいつは付き合いが悪いと言われ誘われなくなりました。
食事は1日2回、昼食時は周囲にダイエットだと言って嘘を吐き、空腹を誤魔化すためデスクで昼寝をしていました。しかし昼食を抜くと午後まで体力が持たずボーっとしてしまうことが多くなり、仕事で簡単なミスを犯すようになってしまいました。

うつ病の様な症状が現れた際に、このままでは働けなくなって借金を返せなくなるかもしれないと焦ったため、弁護士事務所に行くことを決意しました。

いつ終わるともわからないような借金生活に疲れてしまっていたのか、ある時突然私をうつ病のような症状が襲いました。長くは続かなかったので病院にかかることはしなかったのですが、その日を境に「自分がもし働けなくなってしまったら?」ということをよく考えるようになりました。
働くことの出来ている今はなんとか毎月借金を返せているが、働けなくなったら滞納するしかない。そうなったらその先は?と考えると、一気に不安に支配されるようになり、私は通勤途中にある弁護士事務所に相談に行くことを決意したのです。

借金が減ったことにより不安が無くなって、安心して生活できるようになりました。

<債務整理の種類>個人再生
<手続きの詳細>弁護士事務所の先生と話し合いをして、私は個人再生の道を選ぶことを決めました。その結果、私の抱えていた大量の借金を100万円という金額まで減らすことが出来たのです。
また、月々の返済額も3万円となり、安心して日々を過ごせるようになりました。そうした手続きをしたからか、うつ病の様な症状もだんだんと収まっていきました。
毎月の返済額が減ったおかげで毎日3食きちんと取れるようになりましたから、仕事中にボーっとすることも無くなりミスも無くなりました。
貯金も出来るようになったので、不安も消えました。

初めから最後まできちんと私の話に耳を傾けてくださっていて、本気で助けようとしてくださっているのが感じられました。

必死の思いで弁護士事務所に行ったので話をする際は相当纏まりのない話し方をしてしまったと思うのですが、先生は一度も口を挟むことなく初めから最後まで私の話に耳を傾けてくださっていました。
その姿から、私のことを本気で助けようとしてくださっているということが感じられ、信頼できるという風に思うことも出来ました。
債務整理の中の任意整理と個人再生との違いがよく分からなかった私に、分かりやすいよう丁寧に一つ一つ教えてくださった点もとても有り難く思いました。
メリットとデメリットを分けて話してくださったので、覚悟して手続きをお願いできたのも良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理すると住宅ローンは組めなくなる?

目次任意整理後に住宅ローンは組めなくなる任意整理すると住宅…

オリコの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次オリコなどのクレジットカードも任意整理できるクレジット…

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

武富士の債務整理体験談

長男の大学費用の為に借金

借入額50万

費用がかからず助かりました。

借入額150万円

過払い金の対象だったのでお金が貰えました

借入額200万円

精神的に楽になりました

借入額290万

当時の収入は20万円でしたが180万円借りていました

借入額180万円

ペットの治療費を工面する為に借金をしました

借入額100万円