恋人と同棲をはじめ、生活苦になりクレジットカードや消費者金融から約150万円借り入れを行いました。

2019.02.06 更新

20代OL

月収
借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
2~3年
毎月の返済額
4万5千円

借金をしてからの、生活や環境の変化

借り入れの支払い45000円とは別に携帯代・光熱費・家賃・奨学金の支払いもあり、最初は返しては借りての繰り返しでいつの間にか自転車操業になっていました。恋人と同棲をしてから借金をしたのですが、当時は両親にも相談できず自分でなんとかしなければならないと思い、気づいたときには数社から借り入れを行っていたため、借金も膨らみ毎月返済に追われていました。しかし、延滞をしてしまうと信用情報などに傷がつき、ローンの審査などが通らなくなるとインターネットに記載があったため、延滞はせず毎月必死で返済していました。

恋人と別れることで同棲解消となり、一人で支払いをしていかなければならない状況となってしまったため、最初は通常通り返済をしていましたが、きつくなって司法書士に相談しました。

同棲解消後、一人暮らしを初め、当時私は契約社員で勤めていました。
今まで折半していた生活にかかる費用や支払関係の費用すべてが自分負担となり、月15万円満たない給料でやりくりしていくことが困難になってしまいました。何か方法はないのかと思いインターネットで調べたところ、弁護士や司法書士に相談をして、債務整理を行うことができると書いてありましたが、依頼する費用が数万円とかかるようだったので、思いとどまり何とかして返済をしていこうとしました。しかし、月日が経ってやはり厳しくなってしまったため、まずは無料相談を受けることにしました。

任意整理でリボ払いの手数料が免除され、元金のみの支払いになりました。相談したときは、「相談してよかったな」と思いました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>任意整理をした結果、毎月の返済額が45,000円から23,000円に減りました。現金借入もクレジットカードも全てリボルビング払いにしていたため、元金とリボルビング払いの手数料が発生していました。司法書士の担当が手数料を免除できるように掛け合うこともでき、相手側との交渉で支払金額をできる限り低く設定する交渉も可能、実際に23,000円程まで引き下げることができると計算もしていただき、依頼費用は当時の私にとって、高額な出費となりましたが、依頼することを決断し、最終的に元金のみの支払いで返済金額も最低限に設定していただき、現在も無理なく返済することができています。

親身になって話を聞いていただいて、的確な判断をしていただき信頼感を持ちました。

借金問題について相談をした際に、司法書士の方から債務整理にはいくつかの方法があると伺いました。
しかし、20代前半の私には「債務整理」という言葉もよく理解できていなかったので、司法書士の方は丁寧にわかりやすく教えて下さり、自己破産や個人再生をする額ではないので任意整理を行うことや、家族にも知られたくなかったので、そういった面も考慮していただきました。
司法書士事務所へまずは無料相談を受けに行き、説明や依頼にかかる費用を伺い、対応が親身で安心してお任せすることができたので即日で手続きを行い、委任しました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

レイクの債務整理体験談

債務整理の方法は法律知識が無ければ判断が難しい

借入額350万円

パチンコにはまってキャッシングから多重債務になりました

借入額150万円

任意整理をすることで長年の借金地獄から逃れられました

借入額300万円

軽い気持ちのキャッシングで、最終的には任意整理をすることに!

借入額300万円

もっと早く相談しておけば良かったと後悔

借入額300万円

自営業は簡単ではありませんでした

借入額320万円