生活費に充てるつもりで借金をしました。

2017.11.29 更新

借入先業者名
借入額
235万円
借入期間
2年8ヶ月
毎月の返済額
11万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私は、たまたま高い買い物をした月があり、その月は普段よりも財布にお金が残りませんでした。そこで、生活費として2万円だけ借り入れたのです。返済期限は次の給料日の後なので余裕だと思っていた矢先に、病気で倒れました。2週間ほど入院をすることになり、その間働くことができず、当然給料も入らなかったのです。仕方なく他の消費者金融からお金を借り返済に充てました。ですが、この方法をとったことで、お金をただ右から左に流しているだけの状態になってしまい、とうとう5社から借金をすることになったのです。灰色一色の生活が始まりました。

知合いから紹介をしてもらいました。

私の債務は最終的に240万円近くまでにふくれあがりました。よく、借金をすると返済額が雪だるま式に増えるなどと言いますが、まさしくこれのことだと気がつきました。ですが、時すでに遅しで、すでに2回目の督促状も自宅のアパートに届いており、八方ふさがりになったのです。情けない話ですが、そのまま自分の胸にそっとしまっておくよりも誰かに話した方が気が楽になるので、過去に債務整理を体験したことがある友人に話をしたところ、弁護士を紹介してくれました。友人も過去にその弁護士にお世話になったというわけです。

任意整理で全額返済しました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>弁護士に相談をすると、任意整理をした方が良いとアドバイスをもらいました。その時の私の返事はYESしかありません。法律についても知りませんし、NOなどと返事をする選択肢は全くない状態でした。とにかく借金の返済をすることができれば手段は選ばなかったのです。弁護士に任意整理をお願いすると、数日後には催促の手紙や電話がピタリと止まりました。そしてその後すぐに弁護士から連絡があり、任意整理をすることができ、債務額を50万円ほど減らすことに成功をしたというわけです。おかげで完済まで漕ぎつくことができました。

親切に話を聞いてくれました。

私は、今まで弁護士にお世話になったことはありませんが、イメージとしては敷居が高いイメージだったのです。ゲームなどで弁護士の役をやったことがありますが、それくらいしか接点はありません。ところが、今回弁護士にお世話になることになり、不思議な縁に感謝しています。実際に弁護士と話をしてみたときの感想は、私が思っていたよりも親切な人でした。やはり、最近は競争が激しくなり、生き残るのも大変なのでしょう。サービス業らしいサービスも受けることができたというわけです。お金の不安も取り除いてくれました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の費用は分割払いできる?

目次債務整理をする場合、裁判所や専門家への費用がかかる!裁…

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

アルバイトでも債務整理できる?

目次「安定した(継続的な)収入」があることがポイントアルバ…

レイクの債務整理体験談

生活費の為にお金を借りたら借金地獄に突入しました。

借入額350万円

債務整理の方法は法律知識が無ければ判断が難しい

借入額350万円

残業が無くなり基本給の低さが響きました

借入額320万円

学生時代に飲みやキャバクラのために借金をした。

借入額200万円

ママ友との付き合いに苦しんだ3年間

借入額120万円

やってみたら簡単でした

借入額150万円