生活費の為にお金を借りたら借金地獄に突入しました。

2019.03.22 更新

主婦

借入先業者名
借入額
350万円
借入期間
3年1ヶ月
毎月の返済額
12万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

夫婦共働きですが、子供の受験と入学金にお金を使ってしまい、ローンを組みました。ですが、妻が病気になり、共働きが不可能になった所で、車検が重なり、さらに別の所からお金を借りることになったのです。やがて返済時期が来ても返すことができずに、また別の所から借りるという生活を続けていました。お金がないと夫婦関係はダメになっていくことを身をもって体験しました。なにより、喧嘩が絶えません。1日1回必ず借金の話になり、どうしても喧嘩してしまうのです。こんなことになるなら若い頃から毎月1万円だけでも貯めておけば良かったと思いました。

友人に相談した時に弁護士を紹介してくれました。

借金でどうにもならなくなり、とうとう期限までにお金が払えなくなってしまったのです。次の月に督促状が来て、そのローン会社のお金は工面しましたが、別のローンも遅延し始め、とうとう催告書まで来てしまいました。催告書を無視すると法的手段をとるという内容だったと思いますが、自分達の生活よりも子供の生活を考えると、それだけは何が何でも避けなければなりませんでした。そこで、友人に話をしたところ、自分の知合いに弁護士がいるということで、紹介をしてもらったのです。後日、事務所で法律相談をすることになります。

過払い金請求ができました。

<債務整理の種類>過払い金請求
<手続きの詳細>弁護士さんに相談する前は、もしかしたら自己破産か?と悪い方へ考えていたのですが、実際には、自己破産にはなりませんでした。自己破産の場合は、債務を減額したとしても返済のめどが立たない場合にとる法的手段ということでしたので、妻は一時的に収入はありませんが、私の収入は毎月あります。つまり、債務を減額すれば返済のめどが立つため、自己破産をすることはないというわけです。細かく今までの明細や通帳などを弁護士さんに見せたところ、過払い金が発生しているということを言われました。結果的に返済額が60万円ぐらい下がったのです。

丁寧に法律について教えてもらいました。

弁護士さんにお願いをして良かったと思うことは、まず、債務額が減額したことです。今まで12万円を毎月支払っていたところを、7万円程度まで減らしてくれたのです。そのおかげで、毎月の返済は確実になりました。3年経過してようやく完済することができたのです。
もう一つは、法律について素人の私達にも丁寧に教えてくれたのです。現在はどのような手段が残されていて、過払い金は決められた利息以上に利息を支払ってしまったので、返還請求できるということなどです。
このように、弁護士さんにお願いをしたことでメリットはたくさんありました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

借金を減らしたい!借金減額する方法を詳しく解説

目次借金は減額できるの?その方法は?債務整理とは?債務整理…

レイクの債務整理体験談

学生時代に飲み会代のため借金しました。

借入額20万円

個人再生と自己破産のどちらにするかは弁護士により見解が異なります

借入額280万円

最初は急な出費に対応するためで、安定した収入状況だったので返済も余裕でしたが仕事が変わったことをきっかけに生活費として借金することになりました。

借入額200万円

夜遊びに夢中で借金をしてしまいました

借入額150万円

思いがけず借金が片付きました。

借入額180万円

憧れでデイトレードをすると破滅します

借入額400万円