お金持ちの生活にあこがれて、欲しいものを何でも買った。

2019.03.22 更新

主婦

借入先業者名
借入額
350万円
借入期間
8年間
毎月の返済額
多い時は20万円以上

借金をしてからの、生活や環境の変化

最初はジャックスカードでのショッピングだけでした。月々の返済の事はなにも考えずに欲しいものを買っていました。カードローンは自動的に附属されたので初めて利用した時はドキドキでしたが、慣れてしまうとこのお金も自分の生活費の一部のように感じました。欲しい家電や化粧品があるとカード払いで手に入れ、月末の返済にお金が足りないとカードローンを利用するのが当たり前になりました。外食を楽しみ、旅行にもたくさん出かけて華やかな生活を送りました。借金を始めた当初は、自分に借金があるという事実にも気づいていない状態でした。

多重債務に陥り、もう返済ができない状態になたので。

返済に困ると別の会社のカードローンを申し込み、それを利用して全額返済しようと思うのですが結局そのお金でも何か新しいものを買うので、不足する暮らしから抜け出せません。この時点では自分に借金があるという事実から目を背けようとしていました。早くこの生活から足を洗えばよかったのですが、金銭感覚が狂ったままずるずると行ってしまい、もうどこからもお金を借りることが出来なくなりました。ここまで来ると毎月の返済額はお給料と変わらないくらいの金額になっていました。光熱費が支払えず電気やガスは何回も止められています。切羽詰まって怪しい金融業者を探して電話をしたら、そこの人が弁護士事務所を紹介してくれました。

毎月の返済額が少なくなりました。私の借金は私だけの責任なのに、それを助けてくれる法律がある事に驚きました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>弁護士事務所の担当者さんに事情を全部説明して相談にのってもらい、任意整理の手続きをしてもらいました。毎月の返済が遅れていたので催促の電話がたくさんかかって来ていたのですが、この時から全部ストップしました。毎月30万円近くあった返済額は20万円程度に減らすことが出来ました。過払い金の返済は無かったのですが、借りた金額だけの返済に圧縮することが出来て助かりました。そして、毎月の生活費を考慮したうえで返済額のシュミレーションをたててもらい、電気代やガス代が支払えるようになりました。

お金にルーズすぎる私に呆れ果てているだろうと思いますが、真剣に完済を考えてくれることが伝わって来ました。

紹介をしてもらって電話をした時にはまだ半信半疑でした。ただ、藁をもつかむ思いだったので少し話を聞いてお願いすることにしました。その法律事務所は自宅から遠い場所ではなかったので、その日のうちに尋ねました。相談に行った時には、お金にあまりにもルーズな自分の事をさらけ出すことに抵抗がありましたが、少し強面の担当者の人は熱心に完済の方法を説明してくださいました。その日に私が支払わなければいけない料金は1円も無く、必要経費は最低限に抑えられていたので信じても大丈夫だとホッとしました。現在はすでに借金は完済しましたが、誰にも知らずにすべて事が済んだので感謝の気持ちでいっぱいです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

アルバイトでも債務整理できる?

目次「安定した(継続的な)収入」があることがポイントアルバ…

モビットの債務整理体験談

債務整理をして得ることが出来た平穏

借入額400万円

お金を借りすぎて、首が回らなくなりました。

借入額200万円

債務整理にするかおまとめローンに切り替えるか悩んだ結果

借入額210万円

抗がん剤にはお金がかかる

借入額500万円

任意整理で返済額が減り、完済後も計画的にお金を使っています

借入額500万円

地道に借金を返せるようになりました

借入額190万円