生活費の補てんで気付くと多重債務になっていました

2019.01.11 更新

主婦

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
2年3ヶ月
毎月の返済額
2万円

生活費の補てんにリボ払い、キャッシングとなっていつの間にか多重債務になっていました。

20代半ばで結婚して、それまで自宅にいて家事はすべて母親にしてもらっていて、何もわからない状態で家計を預かることになりました。新婚当初は共働きで余裕がありましたが、私が妊娠して体調を崩し、大事を取って仕事を辞めると生活費が足りなくなってきました。そこでリボ払い、さらにキャッシングで現金を少しずつ借りていて、気付いたら複数持っていたカードで限度額いっぱいまで借りてしまい、返済が厳しくなりました。それでも自宅でハンドメイド品を作っては販売するなどして、少額ながら返済を続けてきました。

楽天カードとイオンカードで50万円ずつ、それぞれ月1万の返済

もらっていた生活費は決して少ないわけではなく、平均よりもちょっと多いくらいで、自分のやりくりが下手なことは認識していました。それだけに夫には言い出せず、ほんの少しずつといった気持ちで借りて、気付くと返済が厳しいくらいに膨れ上がっていました。夫に内緒のまま少しずつ返し続けるのは厳しく、時々わけもなく苛立ってしまうこともあって、精神的におかしくなりかけていました。ただ妊娠中なので借金だと気付かれることはなく、そのことでジレンマに陥りかけて、振り返るとかなりおかしくなっていました。

任意整理で利息と借金の一部がカット、返済が楽になりました

出産で入院中に借金が夫にばれて、出産後に知り合いの弁護士さんに頼んで任意整理を行ってもらいました。その結果、夫の協力で月々の返済額を6万に増やして、ボーナスなども使って予定よりもずっと早めに完済できました。何よりも精神的な安心感がとても大きく、また完済のゴールが見えたのもやる気につながりました。任意整理をしなければそのまま利息を払い続けて、元金がいつまでたっても減らなかったはずです。何より気持ちが落ち着いて、リラックスして暮らせるようになったのが大きく、早く相談すればいいと思いました。

秘密がなくなり気持ちが楽になりました

弁護士さんとの相談の間に、夫も交えて借金の原因となった生活費の見直しを行いました。過剰な保険、通信費、また医療費の控除など知らずに無駄に支払っていた額を知らされて驚きました。また夫も私に任せっきりにしていたことを反省してくれて、生まれてきた子どものためにも、改めに家計を立て直すことができました。今は夫婦で月に一度家計を見直す時間を作って、それぞれの使い方を話し合うようにしています。そして足りなくなった時には申告するということを約束して、気負いがなくなって気楽に生活ができるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

楽天カードの債務整理体験談

競馬で負けて、借金をすることになりました。

借入額210万円

不妊治療のためにお金が必要で借金をしました

借入額200万円

返済の計画を立てられました。

借入額100万円

周りが見えなくなっていた怖い経験

借入額320万円

【自己破産】5年間で1000万円の借金、会社に内緒のまま借金ゼロに!

借入額1,000万円

奨学金返済が厳しくなって借金をしました

借入額70万円