離婚するときの引っ越し代で借金しました。

2019.01.11 更新

無職

借入先業者名
借入額
30万円
借入期間
3年5か月
毎月の返済額
1万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

駆け落ち同然で結婚し、1年もたたずに離婚しました。分けるような財産もなく、元々夫の家に住んでいたので私が家を出るときに、その時の引っ越し代として30万円を借りています。結婚していた時は働いていたのですが、一人暮らしができる余裕もないため実家に戻り、今は仕事を探しながら家で養ってもらう状況です。その時のアイフルからの借金30万円はほとんど返済できておらず、郵便や電話が頻繁にきています。実家は田舎なので職場がなかなか決まらず、収入もないので電話に一切出ませんでした。ストレスが溜まり、親からも呆れられています。

親に借金を何とかしろと言われました。

アイフルからの連絡がしょっちゅう来ており、軽く精神を病みかけていた私を見て、親が弁護士費用は出すから借金を何とかするようにと言いました。どこからか弁護士を探して予約も入れており、私は言われるままにそこに言って手続きを依頼したという流れです。もちろん、借金を何とかしたいという気持ちもありましたが、当時は無職で払えないのにどうしようもないとあきらめる気持ちもあり、あまり真剣には考えていませんでした。しかし、相談に行って現在の残高を確認してもらうと、損害金がついて50万円近くになっており、慌てて依頼しました。

借金がなくなり、安心できました。

<債務整理の種類>自己破産
<手続きの詳細>今すぐに払えるお金はもちろんありませんし、借り入れ理由もやむを得ない事情だったこともあり、自己破産の手続きにしてもらいました。その結果、利息損害金込みで50万円あった借金は一切払わなくてもよくなり、業者からの連絡もぴったり止んでいます。弁護士からは借金の件はこれで片付いたものの、今後のことも考えて、仕事が見つからないうちはパートでも何でもして収入をきちんと得るようにと言われました。弁護士費用は法テラスを利用して、毎月3000円ずつ返すようになっているのですが、これを自分で払うことが自立の第一歩だと言われてます。

私のことをきちんと気にかけてくれてよかったです。

弁護士費用は親に任せるつもりでしたが、弁護士からは安くするからきちんと自分で払うようにと言われました。そして、周辺の求人事情を教えてくれたり、今後の予測できる支出などを考えてくれるなど、私の現在の借金だけでなく、将来の不安についてもいろいろ調べてくれたのがとても嬉しかったです。親にもその話をして、何とかパートの仕事を見つけ、今はそこの収入から弁護士報酬の支払いと親への食費を出しています。定期的に職安などで求職活動も始めたり、自分の力で生きていこうと少しずつ思えるようになれました。これも親身になってくれた弁護士のおかげです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

アイフルの債務整理体験談

毎月生活が出来ない程あった返済が、任意整理で5万以下の金額になった!

借入額180万円

旦那の給料が足りず、生活費の足しのためにキャッシングローンをし、少しずつ借金は積み重なり膨大な額になって行きました。

借入額300万円

自己破産で借金が帳消しに!

借入額80万円

長い借金生活から私達を救ってくれたのが債務整理でした

借入額130万円

友達の借金を肩代わりして借金地獄へ。

借入額300万円

借金返済を諦める前に過払い金請求/30歳自営業

借入額550万円