自分で自由になるお金が欲しくて借金をし、趣味にお金を使いこんでしまい借金地獄に陥りました。

2019.01.11 更新

借入先業者名
借入額
280万円
借入期間
7年8か月
毎月の返済額
14万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

借入は、レイクから60万円、アコムから80万円、フクホーから50万円、アイフルから60万円、プロミスから30万円の合計280万円ですが、これらの借金は一度で行ったものではなく、徐々に借金の額が増える多重債務でした。
借金をした当初は仕事も順調に行っていたので月々の返済も遅れる事はありませんでした。
しかし、バブル以降は仕事が激減してしまい、一気に収入も減り返済が困難な状況になったのです。
返済が滞ってしまい、3か月の延滞、返済を迫る電話も頻繁に入るようになり、借金を抱えた事で仕事も手がつかなくなるなどのマイナス効果になりました。

このままでは自己破産しかない、夜逃げも考えた事がありますが、個人事業を手掛けていた手前、弁護士に相談をして問題を解決出来ないかと考えたのがきっかけです。

延滞をした事で一気に消費者金融各社からの催促の電話、自宅などへの取り立てが多くなりました。
この時点で、仕事も捗らなくなり、折角受けた仕事も納期が遅れてしまう事もありました。
借金苦からも夜逃げも考えた事があるのですが、個人事業主として仕事をしていたため、夜逃げなどをすればひいきにしてくれている取引先に迷惑をかけてしまうと感じ、債務整理の依頼すべく弁護士に依頼しました。
弁護士に債務整理をして貰えば、着手したと同時に取り立てなどが収まる事を知っていたので、まずは催促等を何とかしたかったのです。

債務整理をした事で、280万円あった借金が60万円に減りました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>任意整理と過払い金返還請求を行った事で月々の返済額は14万円から2万円に減りました。
かなりの減額になった理由は、借入期間が7年8か月であり、過去に返したお金には多くの過払い金が含まれていたからです。
過払い金の額は高額なもので、借金の大半を返す事が出来る金額にもなっていました。
但し、遅延損害金、延滞料などがあるので、過払い金だけで完済になる事はなく、債務整理の中でも債権者との交渉により減額して貰える任意整理をして貰う事が出来ました。
任意整理と過払い金返還請求により借金問題が解決したため、以前のように仕事に集中する事が出来るようになりました。

借金の額に関係なく親身になって相談に応じて貰えるのだと感じました。

弁護士に相談する前は自分の借金は高額なので債務整理も難しいのではないだろうか、借金をしている期間が長いので交渉も難しくなるのではないだろうかなど、色々な不安を持っていました。
しかし、弁護士事務所で相談をすると、こちらの事を考えて債務整理の方法を考えてくれた事、借金問題で疲れ果てていた自分を察してくれて、質問をする時にも丁寧な口調で話をしてくれましたし、親身になって相談に応じてくれるなど頼りになる弁護士だと感じました。
最終的には借金が大幅に減り、これからの仕事も頑張って下さいと激励の言葉を貰い感謝しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

アコムの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次利息をカットも|アコムの借金を任意整理するメリットまと…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

目次債務整理には代表的な方法として「任意整理」「個人再生」…

レイクの債務整理体験談

自己破産を決断すること

借入額250万円

自己破産をして楽になる

借入額300万円

デザイナーの仕事は会社の看板で貰っていた事実を知らなかった

借入額320万円

マイホームのために頑張ります。

借入額2400万円

ギャンブル依存症に陥り、お金がないのにも関わらずパチンコに通ってしまったため。

借入額180万円

給料が下がっているのに生活レベルを上げすぎて、借金地獄になりました。

借入額313万円