カードを使い過ぎてしまい返済不能の状態になりました。消費者金融からお金を借りて返済と言う自転車操業、最終的には借金地獄に陥りました。

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
190万円
借入期間
3年6ヶ月
毎月の返済額
9万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

ジャックスカードは初めてのクレジットカードと言う事からも、頻繁に買い物などで利用するなど、利用頻度が多かったので、半年ほどで上限の100万円に達してしまいました。
この時点で全額返済を行っておけば良かったのですが、収入の大半は遊びや買い物で使い果たすと言ったお金の使い方をしていたため、返すお金が不足していたのです。
返済が遅れる事もあり、アコムから50万円を借りて返済に利用、アコムから借りたお金も遊びなどで使ってしまったのです。
催促が来るようになり、アイフルとモビットからそれぞれ20万円ずつの借金をするなど、多重債務になってしまい、最終的には自力で返せない金額になりました。

会社にも催促が入るようになったため、弁護士に相談する事を決めました。

借金が190万円になった時点で、返済額は9万円になり、度々の遅延をしていたので、催促の電話が頻繁に入るようになりました。
催促の電話は自宅だけではなく、勤務先にも入るようになり、同僚などに借金問題を抱えている事を知られたくなかったため、弁護士に相談する事に決めたのがきっかけです。
利用した弁護士事務所は何時も利用している駅近くにある事務所で、借金相談を行っている広告を以前見かけた事があったので直接出向きました。
その時は、事前に予約が必要と言う事もあり、相談をする事は出来ませんでしたが、借金問題を抱えている自分を察してくれて、相談可能な日を決める事が出来ました。

債務整理の手続きにより、収入で支払う事が出来る金額になりました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>債務整理の依頼をする事で債権者に対して弁護士介入通知と呼ばれる書類を送付すると言う事でした。
この書類が送られた後は、催促の電話が来なくなって、以前のような生活が戻りました。
借金をしていた期間が3年6ヶ月と言う事からも、この間に返済したお金には過払い金が含まれているため、弁護士さんが過払い金返還請求を行ってくれた事、任意整理の方法で債権者との交渉を行ってくれたおかげで、月々の返済額は9万円から4万円に減るなど、借金相談をして良かったと感じていますし、交渉してくれた弁護士さんに感謝しています。

先が真っ暗の状態から灯りが見えるようになりました。

借金を抱えていた時には頻繁に電話が鳴り、その都度不安や申し訳なさなどを感じていました。
夜遅い時間に金融会社から電話が入る、職場にも電話が入る等からも、電話の鳴る音だけでビクビクとした生活を送っていたのです。
弁護士に相談した所、こうした状況は弁護士介入通知を送付する事でストップ出来ます、今まで支払ったお金には過払い金が含まれているので一緒に取り戻しましょうと言ってくれるなど、こちらの状況を踏まえて親身になってくれました。
尚、返済は現在も続いていますが、完済まであともう少しと言う段階になりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

アルバイトでも債務整理できる?

目次「安定した(継続的な)収入」があることがポイントアルバ…

モビットの債務整理体験談

ママ友との付き合いに苦しんだ3年間

借入額120万円

浪費が原因で多重債務になりました。

借入額180万円

ギャンブル依存症になり、消費者金融に借金をするようになっていきました。

借入額600万円

突然身に降りかかってきた借金は、一人で抱え込むよりも専門家に相談した方が安心だとわかりました

借入額450万円

競馬をして借金をするようになりました。

借入額150万円

過払い金の対象だったのでお金が貰えました

借入額200万円