ギャンブルが元で4社からの借金をし、多重債務になりました。

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
320万円
借入期間
7年間
毎月の返済額
15万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

借金をしていたのは消費者金融4社で、レイクから70万円、プロミスから50万円、アコムから100万円、アイフルから100万円です。
借金がここまで高額なものになった理由はギャンブルを止める事が出来なかったからです。
簡単にお金を借りる事が出来る、ギャンブルにはまると周りが見えなくなり、気が付いた時には返済不能な金額に膨らんでいました。
延滞する事はありませんでしたが、収入の大半は返済に充てなければならない状態で、生活も苦しいものでした。
返済しても、利息分が減るだけで、元金が全く減らない借金地獄が続いていました。

弁護士に相談したきっかけは遅延を繰り返している事で催促が多くなって来たからです。

毎月の返済額は15万円、収入は月に25万円、生活費に充てる金額は10万円しかありません。
家賃の支払いなどをすると、手元に残るお金は僅かな金額、それでも切り詰めての生活をしていました。
返済の多くは利息で失われ、元金が減りませんでしたし、月末の返済が遅れる事が続いたので、消費者金融からの催促が来るようになりました。
催促の電話は自宅だけではなく、会社にも電話が入るようになりました。
消費者金融を利用して借金をしている事や、返済が遅れている事などを会社の同僚などに知られたくなかった事もあり、弁護士に相談したのがきっかけでした。

過払い金返還請求と個人再生手続きで借金問題を解決する事が出来ました。

<債務整理の種類>個人再生
<手続きの詳細>個人再生手続き、過払い金返還請求を行った事で、320万円の借金は80万円に減り、月々の返済額は15万円から3万円に減りました。
個人再生手続きは再生計画書を提出する事、手続きが完了になるまでの間は、提出した書類に記載してある通りに実行する必要があり、ギャンブルが原因で借金をしていたので、ギャンブルを止めると言う事が重要だと言う事を弁護士からアドバイスを受け、2度とギャンブルをやらないと自分に言い聞かせました。
尚、返済額が3万円に減った事で生活にも余裕が生まれ、貯金をする事が出来るようになりました。

担当してくれた弁護士は真剣に話を聞いてくれる、適切なアドバイスをしてくれる人でした。

ギャンブルが原因で320万円と言う高額な借金を抱えての借金相談でしたので、後ろめたさがあり弁護士に相談する時も不安が多くありました。
しかし、担当してくれた弁護士は、どのような理由でお金を借りて借金地獄になっても、取り返せるものは取り戻しましょうと言ってくれました。
利息の支払い分が多かったので、過払い金をしっかりと計算してみましょう、残りの債務については個人再生手続きで行えば、減額される金額も多くなり、借金地獄から抜け出す事が出来るなど、弁護士の話を聞いた事で、目の前が明るくなったと感じました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

債務整理の相談費用は?任意整理の必要書類や持ち物について

目次債務整理の相談費用は無料|弁護士・司法書士事務所紹介 任…

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

レイクの債務整理体験談

司法書士が借金の状態を細かく管理してくれたので合理的に借金を完済できた

借入額240万円

ギャンブルはもうしません。

借入額120万円

パチンコで多重債務者になりました

借入額150万円

借金を続けると感覚が麻痺してしまいます

借入額300万円

任意整理で人生の良い勉強ができました

借入額125万円

過払い金請求って簡単なんです!

借入額150万円