一人暮らしを始めてから羽目を外しすぎてしまい借金をすることに。

2019.03.25 更新

会社員

借入先業者名
借入額
220万円
借入期間
7年10ヶ月
毎月の返済額
8万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

一人暮らしにどれくらい掛かるかなど実家暮らしが長くて気づきませんでした。当時はクオークという名前のローンカードを持っていたのですが、ボーナス月以外では赤字分が出るとローンカードに頼る生活が続いていた状態です。会社の業績が良い時にはボーナス支給額も多いのですが、ボーナス減額時には1社だけではお金が足りずにOMCカードも使うようになってしまいました。借入が必要になったので自転車操業を維持するために、消費者金融に申し込んだものの断られてしまったので、何とか中小の消費者金融で融資を受けて凌いだ状況でした。

リストラ対象者リストに入ってしまったので退職の可能性があり、収入の減少が見込まれたからです。

会社が外資系企業に買収されて傘下に入った時に、新会社への移行組と既存会社への残存組に社員が分けられることになりました。メンバーの振り分けが内示された時に判明したのは、新会社に業績が良い人ばかり移動することだったのです。既存会社に残される社員の先行きは暗く、実質的には倒産予備軍の会社へ残されるリストラでした。現状でも支払いが厳しいにも関わらず、収入が更に減ってしまっては返済が無理になると判断出来たので、債務整理を相談するために弁護士を訪れることにしました。もっと早く相談する必要がありましたが、それなりの給料が得られていたので、認識が甘かったと今では考えています。

任意整理を行ったことで、借金が1/4に一気に圧縮出来たので、完済のキッカケとなりました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>弁護士に債務整理をしたいという希望を伝えると、取引履歴を全部確認しないと分からないものの、自己破産や個人再生を行わなくても任意整理で解決出来るのではないかという話でした。まずは全取引履歴開示請求を行なう必要があったので、弁護士に依頼して調査を行ってもらいました。全ての取引履歴が開示されるまでには1ヶ月以上かかりましたが、初回からの契約書を全て持っていたので、グレーゾーン金利で借りていた部分を金利引き直し計算することで、借金総額を51万円にまで圧縮出来ました。毎月の支払額を8万円から2万円に圧縮出来たことで、弁護士費用を支払っても十分に返済を軽減させることが出来たわけです。

債務整理を得意とする弁護士を探して連絡をすると、弁護士本人が直接対応してもらえたので柔らかい話し方をすると関心しました。

弁護士には得意分野があるようで、会社の近くにあった弁護士事務所に何も知らずに飛び込みで入ると、刑事事件專門と門前払いをもらうことになったので、よく調べてから無料相談を最初に利用することにしました。債務整理を中心に行っている弁護士事務所では、通常は30分5000円程度かかる弁護士への相談料を無料としているので、お金が無い状態の人にも優しい対応でした。弁護士費用の分割払いにも快く応じて貰えたので安心して依頼出来たことが良かったです。弁護士ごとに考え方や方針も異なるので、実際に話してみて信頼出来ると感じた弁護士に依頼すると安心出来ると思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

セディナの債務整理体験談

思ったよりリスクが少なかったです。

借入額100万円

バイナリーオプションはギャンブルに近い存在です

借入額150万円

クレジットカードを使いすぎて払えなくなりました

借入額180万円

自動車期間工で働いていたが、その後フリーターになってしまい、借金が増えた。

借入額140万円

断り方を学ぶセミナーに参加して防御力を上げる

借入額160万円

車は失い、家を守れました。

借入額200万円