母親が買い物依存症で借金があり、家の生活費は自分が入れていた。生活費が足りない時にキャッシングをし、自分も借金地獄に。

2019.01.11 更新

借入先業者名
借入額
250万円
借入期間
3年
毎月の返済額
14万

借金をしてからの、生活や環境の変化

始めはVISAカードやアメリカンエキスプレスカードでのキャッシングから始まり、月々の返済額が8万円を超えるようになりました。返済のため消費者金融で借り、消費者金融の返済はカードのキャッシングで返すという自転車操業をするように。利息しか払えず借金は減りませんでした。家族に内証で水商売をするようになりました。返済が滞るとすぐに電話がかかってくるので、いつも電話に怯えるようになりました。膨れ上がる借金の事が頭から外れず、結婚の話が出ても調べられて借金の事が恋人や家族にばれるのではと快諾出来ませんでした。

利息で借金が膨れ上がり、水商売や会社員の収入だけでは毎月の10万円以上の返済が追い付かなくなりました。

利息だけの支払いで元金が減らないため、毎月の返済額が膨れ上がり返済も遅れがちになるように。そのためカード停止になり、融資を申し込んでも、どこも貸してくれなくなりました。自宅に取立が来てもおかしくない状況でしたが、家族だけにはどうしても知られたくありませんでした。ある時、水商売で知り合った方に、水商売をしている理由を聞かれ、借金の事を全て話し相談しました。内訳を見せると200万を超えた返済はもう不可能だから債務整理をした方が良いとアドバイスを受け、知り合いの弁護士を紹介して頂きました。

自己破産の手続きを取ったため借金が0円になりました。

<債務整理の種類>自己破産
<手続きの詳細>自己破産の手続きをすると業者から私個人に対しては連絡が出来なくなるという事でした。督促の電話や督促状も来なくなりました。自己破産の手続きが完了するまでは、ある一定の期間があったと思います。自己破産をした結果、借金が全てなくなりましたので、毎月の借金も0円になりました。弁護士の方への相談料等を知り合いの方に借りていたので、その後はお給料の大半をその方への返済に回しました。ただし、自己破産者のリストがあるようで、いかにも怪しげな業者5社程から、融資の案内の手紙が何通か届きました。

弁護士に相談というととても敷居が高く感じられましたが、実際はそんな事はありませんでした。

借金や自己破産という事がとても恥ずかしく、誰にも話せなかった事でしたが、弁護士はよくある事のように(実際、よくある事なのだと思います。)淡々と対応して頂いたのが救いでした。初回は弁護士が話を聞いてくれましたが、次回からは自己破産の手続きをするために書類を書く必要があり、事務員の方が親身に対応・指導して下さりました。書類は借金をした経緯や借りた額など事細かに書く必要があり驚いた事を覚えています。家族には絶対にバレたくなかったので、内緒のまま手続きをしてくれました。連絡時間なども気を遣って頂きました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

借金の任意整理を専門家に依頼したい!費用はどれくらい?

目次借金の「任意整理」、専門家へ相談するのを躊躇させる費用…

レイクの債務整理体験談

親の医療費を工面して多重債務になりました

借入額250万円

仕事を失わないことが何より最優先です

借入額320万円

病気休業は独り暮らしの盲点でした

借入額350万円

子供の教育資金の準備不足

借入額120万円

債務整理をしての結果

借入額250万円

借金返済なら、債務整理が一番の近道です

借入額170万円