友達から名前を貸して欲しい、迷惑はかけないと頼まれたのがきっかけでした。

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
350万円
借入期間
約5年
毎月の返済額
約6万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

友達に名前を貸してからしばらくして、プロミスから電話がかかってきました。友達に名前を貸しただけと言いましたが、契約したのはあなたなのであなたに返す義務があると言われ、ちょうどその頃、友達とも連絡がつかなくなりましたし、妻にも言いにくいことなのでやむなく自分で払うことにしました。とはいえ、自分の毎月の小遣いが2万円でしたので、そこで2万円近く払っていては何もできません。そこでアコムやアイフルからも借入するようになりました。そうこうしてるうちに月の支払が約6万円に。さすがに様子がおかしいと感じた妻に問いただされ、全てを明かしました。それ以降、家族の中の雰囲気が悪くなってしまいました。

テレビコマーシャルを見た妻に言われたのがきっかけです。

当時、自分のお小遣いは2万円なのに対し、月々の返済は6万円近くありました。それを右から左へ、左から右へとやりくりするのでは目の前の返済はクリアできても、借入の総額は増えていく一方です。そうするといずれは破綻する、この悪いスパイラルをどう断ち切るかを考えていたときに私の妻から「テレビコマーシャルでこんなのやってたから、あなたも相談してきなさい」と強く言われました。自分のやったことなので自分で解決しようと思っていたのですが、弁護士に相談してこの問題が解決できるのであればという思いから、相談することにしました。

過払い金が出て、それを一部の返済に回し、残った残元金も利息なしで月々返済することができました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>債務整理を依頼してから携帯電話にかかってくる非通知の電話や、自分の知らない個人名の留守番電話におびえることがなくなりました。ときどきかかってきてた、そんな電話が債務整理をお願いしてからはピタッと止まったのは本当にありがたかったです。また債務整理の結果、過払い金が70万円ほどでましたので、それを支払の元手にして1社は完済し、他の2社は月々1万円の支払という形になりました。利息も延滞金もカットされ元金のみの返済となりました。毎月の返済が3分の1に圧縮されて返済の負担が随分軽くなりました。

上から目線で事務的に対応するのかと思ってましたが、親身になって一緒に問題を解決していこうという雰囲気を感じました。

自分のしでかした恥ずかしい話を他人に話するのは勇気が要りましたが、初めてその話を弁護士事務所に電話で相談したとき、ものすごく親身に聞いていただけました。さらに面談ということになり、何社借入があって、月々の返済がいくらかなど紙に書くときは今までの辛かった返済のことや浅はかだった名義貸しのことを思い出し涙が出そうになりました。そんな私の相談を忙しいであろうはずなのに担当の弁護士は時間をかけて親身に聞いて下さりました。おまけに家庭の中の話も聞いて下さって、私の妻にも状況を説明して頂き、悪くなってしまった家族の中の雰囲気もこの先生のおかげで改善できたように思っております。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

プロミスの債務整理体験談

毎月8万円近くあった返済が任意整理で半分になりました

借入額300万円

勤めていた会社が倒産、借金生活に。

借入額220万円

債務整理をしてから前向きに生きて行ける様になりました

借入額160万円

自己破産は家族全員で行なうことに

借入額500万円

風俗にはまってしまい、借金をしました。

借入額210万円

給料が下がっているのに生活レベルを上げすぎて、借金地獄になりました。

借入額313万円