生活費が足らなかったので借金をしました。

2019.02.06 更新

主婦

借入先業者名
借入額
230万円
借入期間
3年1ヶ月
毎月の返済額
12万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

借金をした時には、仕方なく借金をしたのだからそれほど悲観的になる必要はないだろうと思っていました。ところが、借金が期限までに返せなくなると、夫婦げんかが絶えなくなってきました。特に、1ヶ月が過ぎて督促状が来たときには、焦りました。夜、子供が寝ると夫婦で話合うことはどうやって返済をしようかと言うことです。この時、お互いの意見が分かれて話がこじれ、どうしても喧嘩になってしまうのです。喧嘩するつもりがなくても、お金が払えないという現実を前にするとお互いを責め合い、解決策が見いだせないまま月日がさらさらと流れていきました。

インターネットをみて相談しようと思いました。

私は、基本的に自分だけが違う環境にいることを好みません。できるだけ自分と同じ環境にいる人を探して共感をしたいのです。そこで、インターネットを利用して自分と同じように督促状が来た人の話を何度も読みました。多くの場合は、弁護士に頼って債務整理で解決をしていることを知ったのです。遅延をしたばかりの頃は弁護士に相談をするのはまだ早いと思っていました。ですが、3ヶ月を経過した頃、再び督促状が届き、これ以上支払いが遅れると法的手段に訴える旨書かれていたので怖くなり、弁護士に相談をしました。

任意整理で債務が60万円ほど減少して完済できました。

<債務整理の種類>任意整理
<手続きの詳細>弁護士事務所に行って相談をすると、任意整理を進められました。私はてっきり自己破産をしなければ解決をしないと思い、家を売る準備をしていた所です。押し入れの荷物も少しずつ捨てていました。ですが、私の予想に反して自己破産までは必要がないと言うことでした。任意整理をする場合には、利息の引き直しをすること、そしてこれから発生する利息をなくすことができるという内容だったのです。弁護士さんの予想では60万円ぐらいは減額できると言うことでした。実際に手続きをした結果、予想通り60万円は減額されていてびっくりでした。

親身に話を聞いてくれてうれしかったです。

弁護士に相談をして良かったと思うことは、私の担当の弁護士さんが親身な対応をしてくれたことです。弁護士と言うと事務的な仕事になりがちですが、その弁護士さんは違いました。私の話を丁寧に聞いてくれて、それに対する解決策をいくつか提案をしてくれたのです。何年も森の中に迷い続けた私たちを出口まで導いてくれるようでした。もう一つ良かったと思うことは、借金の話をすることができたことです。話をするまで気がつきませんでしたが、意外と心の中に長年秘めていたことをしゃべってスッキリした感じになりました。かなりストレスが溜まっていたのだと思いました。なかなか人には口外できないことですので、話を聞いてくれるだけで大感謝でした。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

楽天カードの債務整理体験談

頼まれると断れない性格が災いし、兄妹にお金を貸すため借金をしたら、自分が借金で苦しい生活を送る羽目になってしまいました。

借入額190万円

車を購入する為、借金。

借入額200万円

友人の借金返済を手伝っていたら、自分も多重債務者になりました

借入額150万円

ペットを引き取りお金がかかり借金をつくりました

借入額120万円

自宅を手放したくなく借金も相続しました

借入額150万円

浪費癖により借金だらけになりました。

借入額200万円