妻が借金を作り、返済のために自分も借金をして夫婦で多重債務となりました。

2017.11.29 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
3年5か月
毎月の返済額
10万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

生活費が足りないということで妻が借金をしていて、その督促状が届き、利息の高さを見て、このままにしておいてはまずいと思いました。しかし貯金だけでは足りなく、不足分を自分が三井住友で借り入れをして一括で返済しました。ただ毎月の返済は辛く、原因は生活費が足りないことでしたが、自分に相談もなく勝手に借りた妻をことあるごとに責めてしまい、家庭環境が少しずつ悪化していきました。家に居場所がなく、金がないのに遅くまで飲み歩き、いつも金がない状態で、気持ちにも余裕がなく苛立ち不安に悩まされていました。

債務整理を考えるようになりました。

妻の借金を知るまで、自分たちはもちろん、誰が見ても仲睦まじいと言ってもらえる夫婦でした。しかし借金が発覚して、家の購入で貯めておいた貯金と自分が借金をして一括返済した後は、常にギスギスとした雰囲気が家の中に流れていました。しかも返済で毎月が辛く、気持ちに余裕がなくなりました。そこで債務整理をしようと考えるようになり、久しぶりに妻としっかりと向かい合って話をして、まずは詳しい内容をメリットとデメリットの両方を説明してもらおうと弁護士に相談することを決めて、知り合いに紹介してもらうことにしました。

個人再生をして返済がこれまでに比べてとても楽になりました

<債務整理の種類>個人再生
<手続きの詳細>弁護士さんに個人再生をお願いして、無事に通って借金の総額が大きく減ってくれました。また返済に関しても、これまで10万円だったところを5万にして、生活にゆとりを持たせるようにしました。その結果、まだ完全に蟠りはなくなりませんが、妻に対して当たっていたことに申し訳のなさを感じて、そもそも生活費が足りなかったのは自分が家を購入するために貯金にこだわり、ギリギリの額しか渡さず足りなかったことが原因と自覚しました。自分自身を振り返って反省して、今さらですが妻に対して謝罪して仲直りしました。

丁寧で分かりやすい対応をしてくれました。

友人が紹介してくれた弁護士事務所は「岡田法律事務所」で、友人を通して電話で連絡して予約をしてもらい事務所に伺いました。弁護士さんはやや年配の方ですが、自分たちの話をしっかりと聞いてくれて、債務整理に関してメリットとデメリットを素人にも分かりやすく説明してくれました。また今の借金の原因が妻だけではなく、自分が生活費について無頓着だったことを窘めてくれて、気付いてはいましたが第三者から言われてはっきりと自覚するようになりました。借金問題だけではなく、壊れかけていた夫婦間の関係も修正してくれて、本当に助けられました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理費用を安く済ませるコツとは

目次費用が最も安いのは自分で行う債務整理自分で行う債務整理…

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

三井住友銀行の債務整理体験談

商工ローンの債務保証で個人再生をしました/49歳会社員

借入額1500万円

金銭感覚の狂いがきっかけで借金地獄に陥りましたが任意整理で救われました

借入額300万円

インターネットショッピングにはまり、クレジットカードで多重債務者に。

借入額200万円

一人で悩まず相談して良かった。

借入額200万円

病気治療のために借金を負いました

借入額180万円

借金してまで株式投資をするのは間違い

借入額400万円