総量規制により自己破産を選びました

2019.03.14 更新

会社員

借入先業者名
借入額
360万円
借入期間
6年4ヶ月
毎月の返済額
10万円

クレジットカードの利便性から借金の意識がなくなっていました。

大学を卒業して就職した先がベンチャー企業でした。歩合制の給与割合が高かったので、毎月の給与は15万円から60万円程度とバラつきが多く、飲み会などの付き合いも多かったので支出が増えました。クレジットカードを使った支払いが出来ることを知り、カード明細で管理出来るから良いと考えていたのですが、リボ払いとすることで毎月の支払いが一定額となり、借金をしている意識がなくなっていました。利用可能枠はクレジットカード会社から増枠が行われて最終的に150万円まで増えたのですが、利用可能枠を貯蓄と勘違いしていた時期がありました。

オリコから150万円、ニコスから110万円、セゾンカードから100万円の借金。月々10万円の返済。

課長以上の役職が付くと35万円の固定給となりますが、残業代が一切付かず歩合給も無くなります。実際に収入が多い月は58万円まで上がり、30万円以上の収入があったので問題ないと考えていましたが、最初にオリコのクレジットカードが利用可能枠があるにも関わらず利用停止となりました。通信エラーかと思ったのですが、管理画面を開いても利用可能枠はあったのでコールセンターへ連絡すると、貸金業法と割賦販売法による総量規制が原因で貸付制限が行われるという話でした。まだニコスとセゾンカードは使えていたので3ヶ月間は支払いが出来ましたが、4ヶ月後には全てのクレジットカードが利用停止となりました。

自己破産による免責決定を受けて借金がゼロになりました。

債務整理の方法として自己破産を選び免責決定を受けたので、毎月の返済額10万円がゼロになりました。次の支払いの延滞が発生すると分かった時点で債務整理を行なう必要性を感じ、すぐに債務整理に実績がある弁護士へ相談に行くと、個人再生よりも自己破産手続きが適切という判断がありました。小規模個人再生手続きを行なう際には、債権者の消極的同意が必要となりますが、オリコとセゾンカードが含まれていたので否決される可能性がありました。給与所得者等再生を行なうためには収入にバラつきがあると認められないので、歩合給が多いことから自己破産しか選択肢がなくなったわけです。

固定給に切り替えることで生活が安定しました。

就職した会社が成長中のベンチャー企業だったことから、歩合給のメリットを感じていたわけですが、クレジットカードが借金という認識が当時は無かったので、債務整理により借金のデメリットを思い知りました。クレジットカードの利用可能枠を貯金と勘違いしていた時期があったので、自己破産の陳述書作成と家計簿を付ける際に生活を根本的に見直すキッカケとなりました。自己破産免責決定後に、歩合給から固定給へと変更するため課長職に就きましたが、名目上で仕事内容は変わりません。一攫千金よりも安定した生活を求めるようになったので、生活設計を立てやすくなったと感じています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

債務整理をする前に!おすすめの無料相談先や失敗しない選び方を解説

目次弁護士と司法書士だけじゃない!債務整理の相談先を紹介弁…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

初めて裁判所に行きました。

借入額80万円

任意整理によって確実に借金を返済できました

借入額300万円

生活費や娘の習い事の費用をまかなうために借金

借入額150万円

身の丈に合った暮らしをしないと失敗します

借入額400万円

地方への転勤を機にキャッシングを利用、金銭感覚の欠落により自己破産

借入額300万円

浮気が原因のイタい代償

借入額280万円