高い利用限度額は貯金と勘違いしやすい

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
210万円
借入期間
5年6ヶ月
毎月の返済額
6万円

クレジットカードの使い方を間違えて借金。

クレジットカードを支払い方法として指定したサービスが増えてきたので、モバイルルーター端末を契約する時に必要となり作ってしまいました。支払い方法が複数あることを知らずに、クレジットカードは分割払いとなると勘違いしていて、最初の請求が来た時に10万円を超えていて焦り、消費者金融でお金を借りてしまいました。返済が出来たことで消費者金融に対して恐いというイメージが薄れてしまい、クレジットカードはリボ払い設定をして使い、返済が追いつかなくなったら消費者金融で借りるという悪循環が出来てしまいました。

ニコス、オリコ、プロミスから各70万円の借金。月々6万円の返済。

ニコスやオリコの利用可能枠は、返済を遅れずに行っていると自然と増枠されて各100万円まで増えました。増えた利用可能枠は、まるで自分の貯蓄のような錯覚を生んでしまい、借金をしている感覚が次第に消えていったことで借金が雪だるま式に増えて行ったのです。総量規制が完全施行されたことを知らずに突然クレジットカードが利用停止となったことで、初めて事態の深刻さに気が付きました。翌月の支払いが出来ないことが計算するとすぐに判明したので、焦ったことを今でも覚えています。債務整理について真剣に調べて対策しなければと思ったわけです。

金利引き直し計算をすると借金が半分になりました。

リボ払い手数料が24%という高額金利だったので、債務整理を行なうために法テラス経由で紹介してもらった弁護士へ相談すると、任意整理を勧められました。支払い期間がさほど長くないので、過払金が発生している額はさほど大きくはなく、借金が無くなることは無いものの減額されることが分かりました。債務調査を行い金利引き直し計算を実施すると、残った債務額は100万円でした。毎月3万円の返済で3年間で完済する和解案を締結して任意整理手続きが完了しましたが、オリコが最後までゴネていたので和解成立までに1年かかってしまいました。

借金完済を行なうことで生活に余裕が出るようになりました。

気軽に借りられるクレジットカードを使えなくなったことで、常に現金決済を行なうことになりました。現金ならば、正確な貯蓄額を常に把握しやすいので、家計簿を付けて計画的にお金を予算分配して使うことで無駄遣いを減らせます。任意整理の結果として毎月3万円を返済に充てていましたが、完済後も継続して3万円を捻出出来る状態を続けているので徐々に貯蓄額を増やせるわけです。昇給が得られた場合には、浮いたお金を貯蓄に回すか生活レベル向上に充てるかを毎回冷静に判断して決められるので、債務整理をキッカケとして冷静な判断力かついたと感じています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理で信用情報機関に登録された人のための「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る信用情報の…

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

債務整理で口座凍結?銀行カードローンで注意すべきポイント

目次任意整理をすると銀行口座が凍結されることも……任意整理の…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

クレジットカードにハサミを入れたことを思い出しました

借入額180万円

スロットに行きたくて借金をしていました

借入額220万円

過払いで引っ越しができました。

借入額250万円

債務整理で10年程続いた借金生活に終止符を打てました

借入額150万円

決断をした自己破産の道

借入額90万円

初めての債務整理体験談

借入額200万円