手取り給与の半分を返済額が超えたら既に多重債務者です

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
9年6ヶ月
毎月の返済額
6万円

転職に失敗して生活費が不足するようになり借金。

大学を卒業して就職した会社では工場勤務をしていましたが、工場自体が海外移転をすることになり海外赴任が行なえない場合には退職を余儀なくされました。転職先が中々見つからず困っていたものの、転職先での給与が話とは違い3割も低くて生活費が不足して消費者金融から借入を行い賄うようになったのです。歩合給の割合が高かったので、顧客を持った状態で転職をしていなかったことはハンデとなっていました。元の収入と同じ段階まで戻すまでに2年を要しました。結果としてその間に不足した生活費を消費者金融で賄うことになったので、気が付いた時には借金額は200万円に増えていました。

アイフルから80万円、レイクから70万円、フクホーから50万円の借金。月々6万円の返済。

歩合給が多かったので、経費をかけて地道に営業を重ねることで返済額6万円に対して随時返済を併用してなるべく前倒しの返済を心掛けました。最も金利が高かったフクホーからの借入を最優先で返済し、アイフルとレイクの2社になった後も最低返済総額を6万円のまま変えずに返済を続けて残り50万円となった段階で、過払金返還請求の話をインターネット広告で知りました。必要最低限の費用以外はあまりかけないように地味な生活を心がけていたので、5年ほど返済を続ける頃には節約生活に慣れてしまいました。

過払金返還請求により残っていたアイフルとレイクの借金は無くなり60万円返金されました。

毎月の返済金額を落とさずに返済を続けて行った結果として、債務総額が順調に減っていましたが、利息制限法や出資法に関する知識が全くありませんでした。問い合わせた弁護士事務所へ借金状況を説明すると、金利引き直し計算を行なえば既に借金は無くなっていることが判明しました。フクホーへの完済が早かったので、過払金返還請求を早めに行わないと、取り戻せなくなることが分かったので債務調査と過払金返還請求訴訟を依頼しました。結果として、アイフルとレイクから合わせて60万円、フクホーから25万円の過払金が戻ってきたので貯蓄に回しました。

金利の高さが返済総額に大きく影響することを実感しました。

既に完済済みの借金と、支払い途中の借金を全取引履歴を取り寄せて、金利引き直し計算を行った上で過払金返還請求を行なう流れを理解するまでに少し時間がかかりました。消費者金融の歴史や利息制限法と出資法に関する理解が無ければ、話が難してく何を弁護士が言っているのか分からなかったのです。債務整理の手段として過払金返還請求を行ったことは、法律知識が日常生活においてもある程度必要ということと、金利の高さは1%でも大きく影響してくることを実感出来ました。派手な生活を行わずに、地道な貯蓄を行ってゆくことが大切だと考えさせるキッカケとなったと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

任意整理すると住宅ローンは組めなくなる?

目次任意整理後に住宅ローンは組めなくなる任意整理すると住宅…

任意整理を円満に進めるための弁護士や司法書士の選び方

目次債務整理の1つ。任意整理の特徴は?借金の取り立てが止まる…

レイクの債務整理体験談

浪費は自分では気づきませんでした

借入額200万円

ギャンブルにハマると抜け出せなくなります

借入額270万円

海外赴任を拒否したら仕事が無くなりました

借入額400万円

任意整理をして元の生活に戻りました。

借入額210万円

管財人がつきました。

借入額160万円

スロットにハマりすぎて、借金をしてまで行くようになってしまった。

借入額300万円ほどです