店の経営を続けるために、多額の借金をして自己破産をしました。

2019.03.22 更新

自営業

借入先業者名
借入額
1500万円
借入期間
6年3ヶ月
毎月の返済額
25万円

不景気で経営が上手くいかなくなり、お金を借りたのが始まりです。

私は脱サラをして飲食店を経営していました。妻の反対を押し切り、かねてからの夢であった飲食店経営を始めたのです。店をオープンした当初は、お客さんもそこそこ来てくれていました。しかし、近くに安いチェーン店の飲食店が出来たことがきっかけで、通ってくれるお客さんが日に日に減っていったのです。そして資金繰りが上手くいかなくなり、お金を借りることにしました。返せる目処は立ちませんでしたが、とにかく経営を続けるためには借金をする選択以外になかったので、お金を借りることにしたのです。

アコム、モビット、アイフルから各500万円ずつ。月々25万円の返済。

私には妻と娘が1人いました。当時の私は、店の経営をどうにかすることだけを唯々考えていたのです。上手くいかない焦りと不安、そして苛立ちが積もっていきました。店の経営について妻と揉めることも少なくありませんでした。元々妻は、私が会社を辞めて自営業をすることに反対だったのです。その反対を押し切り半ば強引に会社を辞めてしまった手前、何が何でも店の経営を軌道に乗せようと躍起になっていたのです。そしてすれ違いが多くなり、とうとう妻と別居することになってしまいました。私はしばらく放心状態で過ごしていました。

借金がなくなったことで、肩の荷が下りました。

経営を続けることは難しいと判断し、店を畳む決心をしました。再就職しようにも、自分の年齢を考えるとサラリーマンとして働くという選択肢は出来ません。アルバイトを掛け持ちして、何とか生活をしていくだけで精一杯だろうと思ったものです。そのため、自己破産を申請することにしたのです。初めは、自己破産をすることにとても不安を覚えました。ですが、弁護士さんが親身になって話を聞いてれたので、踏ん切りがつきました。自己破産をした後は、肩の荷が下りたことで晴れ晴れとした気持ちになりました。

第2の人生をスタートすることが出来ました。

長年の夢だった飲食店の経営に失敗し、家族とも別居して、何もかも失ってしまいました。ですが今にして思えば、私は意地になっていたのだなと感じます。反対を押し切って自営業を始めたからには、絶対に成功させなくてはいけないと、周りに目もくれず突っ走っていたのです。その結果、本当に大切なものの存在を蔑ろにしてしまいました。自己破産をするまで経営が悪化してしまいましたが、店を畳んで新たな人生をスタートするきっかけになったなと感謝をしています。なのでこれからは、大切なものを失わないようにしたいです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

保証人になると債務整理をされたときに生じるリスクとは?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

リボ払いを債務整理するメリットとクレジットカード返済のコツ

目次リボ払いを債務整理するときのメリット任意整理するとクレ…

モビットの債務整理体験談

派遣切りに遭い、生活費のために借金をしたのが始まりです。

借入額200万円

簡単な手続きで借金が大幅に減る過払い金請求

借入額110万円

恋人と同棲をはじめ、生活苦になりクレジットカードや消費者金融から約150万円借り入れを行いました。

借入額150万円

債務整理してよかったです

借入額150万

奨学金返済が思わぬ落とし穴に

借入額120万円

FXでお金を失い借金生活に突入。

借入額310万円