債務整理の方法は法律知識が無ければ判断が難しい

2019.03.14 更新

借入先業者名
借入額
350万円
借入期間
5年3ヶ月
毎月の返済額
15万円

結婚していた時期にクレジットカードの家族カードが使われて借金が増えてしまいました。

結婚後に発行した家族カードは、本会員が全ての支払を行なうので管理が難しい状態になります。結婚から2年間はあまり気になりませんでしたが、3年目に入ると使い方が荒くなりリボ払い残高が150万円に達したので家族カードの利用停止措置を行いました。結果として離婚となりましたが、支払い債務は残っており離婚に伴う費用を含めて借入額が350万円に達しました。幸い持ち家を購入していなかったので、財産分与の問題は発生せずに済みましたが借金を分割することは出来ずに多額の借金を抱えたまま独身に戻るという最悪な状況となりました。

オリコから150万円のリボ払い残高、プロミス、レイク、モビット、ライフから各50万円の借金。

離婚に伴い慰謝料などは発生せず、とにかく配偶者による浪費支出が抑えられれば良いと考えていたので離婚できてホッとしたわけです。しかし、毎月15万円の支払いは毎月の返済が自転車操業とならざるを得ず、クレジットカードが止まった段階で終わりと誰にでも想像出来る状態でした。結果としてオリコのクレジットカードが利用停止となった段階で、債務整理を即座に決断したわけです。独身に戻る際に、一度全部清算してから再出発したいという考えを持っていたので、債務整理に着手するまでは何としても返済遅延を起こさないようにどんなに苦しくても気を付けていました。

自己破産手続きにより免責決定を受けて全額返済免除となりました。

債務整理の方法として当初は小規模個人再生を考えていました。債務整理を專門とする弁護士へ相談すると、自己破産を行って免責決定を受ける条件を満たしていることが判明しました。弁護士から受任通知を発送することで、債権者への返済は一時ストップして弁護士への報酬を先に支払い、債務調査を行い債務額を確定させる作業に入りました。毎月の返済額15万円は無理があったのですが、3ヶ月で弁護士費用を支払えたので家計簿を付けて陳述書の作成を行い半年ほどで自己破産申請が出来ました。免責決定が下りたことで、借金返済義務が無くなりました。

独身に戻り生活コストが下がったので貯蓄も出来るようになりました。

自分で浪費したわけでは無いものの、一度借金を作ると返済がいかに難しくなることか分かりました。ある程度安定して生活して行くための貯蓄が増えるまでは、生活レベルを落として最低限の費用で暮らせれば良いと考えるようになったのです。独身に戻ったことで、必要な生活費は自分で全て管理出来るので、毎月必要な費用については家計簿を付けた結果として予算を組める状況となっていました。実際に貯蓄が出来るように生活習慣が改善出来たので、債務整理は当たらな生活を組み立てるチャンスを与えてもらえる機会と感じています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理でアイフルの借金を減らしたい時の要確認ポイント

目次アイフルの借金を任意整理する際の4つのメリット。将来利息…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

レイクの債務整理体験談

200万円の借金が減額になり生活にゆとりが生まれました

借入額200万円

ブランド物のバッグを購入したくて借金を開始してしまいました

借入額140万円

彼氏に貢ぐために給料だけじゃ足らず借金。それが重なって借金ばかりの生活を送る羽目になってしまいました。

借入額200万円

債務整理は早いほど良いことは本当でした

借入額150万円

ギャンブルにハマると抜け出せなくなります

借入額270万円

パチスロ中毒になってしまって多重債務者になりました

借入額200万円