債務調査は専門家に任せる必要があります

2019.03.30 更新

会社員

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
5年2ヶ月
毎月の返済額
5万円

給料日前に3万円借りたことから借金が始まりました。

大学を卒業して就職した先では、実家からの通勤でしたが3年後に転勤の辞令がありました。北海道への転勤だったので、夏場は良かったのですが冬場の暖房費があれほど掛かるとは思っていなかったので給料日前には食材を購入する必要に事欠きました。クレジットカードを持ってはいたものの、使っていませんでしたが3万円借りることで助かった思いがしたのです。しかし、翌月返済を行なうと更に苦しくなることは明らかで、ボーナスで返済することが増えていきました。次第にキャッシングに対する抵抗感が無くなり、借金額が増えていったのです。

ニコス、オリコ、アイフルから各50万円の借金。月々5万円の返済。

ニコスとオリコはリボ払いを設定していましたが、ニコスは元金定額リボ払いでオリコは残高スライドリボルビング方式でした。毎月キッチリ同じ金額の支払いでは無かったので、支払額を正確に計算することが難しい状態でした。返済額が不足した時にアイフルから借りて返済していたのですが、既に借りて返済を行っている時点で多重債務者となっていることに気付くべきでした。ボーナス払いである程度は返済していましたが、会社の業績が悪化した時期に続けてボーナスカットが発生して返済に困るようになったわけです。

任意整理で借金を圧縮し、支払額を減らせました。

任意整理を行なう際に、貸金業法と利息制限法の改正に合わせて金利引き直し計算を行なう必要がありました。個人ではどうにもならずに、司法書士へ依頼すると、金融業者から全取引履歴を開示請求して再計算を行なうと、各社20万円程度の返済で済むことが判明しました。まだ滞納をしていなかったので、任意整理という形で将来金利をカットして毎月3万円を返済して行くことで和解が成立しました。各社1万円ずつの計算ですから3年程度で完済することが出来ました。将来利息を全額カットしてもらえたことが最も大きく、返済を早めることが出来ました。

出世のために転勤を承諾しましたが、昇進よりも生活費が掛からない地域で暮らすことを選びました。

債務整理の方法として、任意整理を選ぶことで考え方が変わったことを感じています。借金返済を行っている際には、全てに余裕が無くなっているので、冷静に判断することが難しくなっていたのです。生活費の中に無駄遣いが一見無さそうに見えても、高コスト品や高価格品を選んでしまっている状況がありました。任意整理を行ってからは、コンビニに立ち寄ることが無くなったと感じています。自炊をして室内の断熱にも工夫をし、不要な電気を使わなくなったりプロパンガスは料金交渉をするなど、コスト意識が高まったと実感しています。同じ給与でも貯蓄が出来るようになったことが大きいです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

債務整理で業者との和解交渉にかかる期間はどのくらい?

目次債務整理にかかる期間は?早ければ数日?過払いが発生して…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

地方への転勤を機にキャッシングを利用、金銭感覚の欠落により自己破産

借入額300万円

分割払いをリボ払いに変えると危険です

借入額270万円

身の丈に合った暮らしをしないと失敗します

借入額400万円

思いきってプロに相談したら良い結果になりました

借入額200万円

給料日前に飲み会に誘われ軽い気持ちでキャッシング。

借入額120万円

彼氏がお金に困っているというので助けるために借金。気付いた時には自分が借金地獄にはまっていました。

借入額200万円