給与所得者等再生を選ばなければならなかったのは自分のせいです

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
4年8ヶ月
毎月の返済額
10万円

妻と離婚した際の慰謝料支払いのために借金。

お見合い結婚をしたものの、子供が出来ずに離婚することになりました。原因がどちらにあったと考えるよりも、双方の両親が離婚を急いだので財産分与を行わない代わりに慰謝料名目で1000万円支払う必要があったのです。預貯金の800万円をそっくり支払いに充てて、更に200万円を借入により賄う必要がありました。結果として、借金が200万円残りましたが、暫く遊興費として使ってしまい債務整理を考える時には借入が300万円に達していました。毎月の返済額が10万円となったので、限界を向かえていたわけです。

アイフルとレイクから各80万円、モビットとシンキから各70万円の借金。月々10万円の返済。

アイフルとモビットからの借入について給与日の3日前が返済日となっていたために、つい延滞をしてしまう状態が続いていました。携帯電話と勤務先へ連絡が入ることが日常茶飯事となっていたので、そろそろ勤務先から私用電話は控えるように注意を受けてしまいました。勤務先をクビになる危険を感じて債務整理に着手しようと考えていましたが、法律家の知り合いはおらずに踏み切れない状態でした。重い腰を上げるキッカケとなったのは、勤務先の上司から転勤を打診されたことにあります。自由に電話を取れる部署があるという話でしたが、実際には追い出しの部署として知られる窓際職種でした。

個人再生手続きにより借金を圧縮して完済しました。

法テラスへ相談して弁護士の無料相談を最大3回受けることが出来ます。2回目の相談を行った段階で、個人再生手続きを行なうことを決めました。弁護士に依頼してから、すぐに受任通知を出してもらい債務調査を行った結果として、小規模個人再生が通れば良いものの滞納していたアイフルとモビットからは再生計画案に対する消極的同意を得られない可能性があったので、支払額は増えるものの債権者の同意を必要としない給与所得者等再生を利用することにしたのです。毎月の返済額が10万円から5万円に減ったので、何とか耐えられるる範囲でした。

3年間かけて禊を行った状態だったので、新しい生活を始める準備も同時に出来ました。

独身に戻ったことにより、最低限必要な生活費については以前よりも少なく済みます。再生計画案を立てる際に算定した生活費は、少し甘く計算したものだったので実際には少なく済んでいました。翌月への繰り延べ金が増えるにつれて、貯蓄に回せるお金が増えて来たので個人再生が完了する頃には、貯蓄が40万円ほど出来ていました。債務整理が終わった後も貯蓄は継続しているので、以前とは異なり余裕を持った生活を営むことが出来ています。交友関係を広げすぎないことと、結婚は無理にしなくても良いと決めたことで人生を楽しんで行ければと前向きに考えられるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

レイクの債務整理体験談

やり直す事が出来ました

借入額280万

ギャンブルにハマると抜け出せなくなります

借入額270万円

借金を返済したいなら、迷わず任意整理をすべきです

借入額220万円

思っていたよりも簡単に任意整理が出来ました

借入額160万円

旅行が好きで借金までしました。

借入額120万円

一切損がない過払い金請求

借入額250万円