こんな手続きもある、任意整理で借金減額

2019.03.30 更新

会社員

借入先業者名
借入額
250万円
借入期間
5年2ヶ月
毎月の返済額
5万円

ショッピングにはまり、クレジットのリボ払いで次々に洋服を購入していた

元々服飾関係の事が大好きで、持ち物も自分のこだわりに合ったものを徹底的に探すというスタンスで生活してきました。一人暮らしをはじめてもなかなかそれをやめる事ができなかったのですが、実家暮らしと違って生活費がかかるので、実家にいた時とおなじようにお金を使っていると月末には資金が底をついてしまう状態に。それでも自分の好みにあった洋服を見ると買わずにはいられず、現金が間に合わないときはクレジットのリボ払いを利用して購入し続けました。大手の商社に勤めていたのでそれなりに収入はあったのですが、その収入を上回る金額の買い物を続けていたので、どんどん借金だけが増えていくという状態から抜け出せない状態で、生活が苦しかったです。

複数のクレジット会社のリボ払いを利用し、月々合計で5万円以上を返済に充てる生活でした

クレジットのリボにはまり、複数のカード会社に月々5万円を返済する生活でした。実家を出て一人暮らしを始めた頃だったので、毎月必要な生活費と返済に給料が消えてしまうという生活で、生活自体もとても苦しい状態だった事を今でも思い出します。しかし自分のした事が恥ずかしく、親に助けを求められなかったので、苦しい生活をつづけながら、一人で抱え込み不安な気持ちで毎日を過ごしていました。金銭的に全く余裕が無い生活ではありましたが、その緊張感からくるストレスを買い物で発散させ、さらに借金が膨らむという悪循環。全く先が見えない不安定な状態で生活を続けており、大きなストレスを感じていました。

任意整理で借金が減額され、生活に少しだけゆとりが生まれました

テレビで見た過払い金の相談を受け付けている法律事務所に思い切って相談する事にしました。今までの生活を変えない限り苦しい状態からは抜け出せませんし、自分の事を知らない専門家の人に相談する方が、正直に今の自分の事を話せそうだと思ったからです。その後面談する事になり、私の借金や収入の状況などを総合的に考えて、任意整理手続きが最善であるという結論に達しました。その結果、今持っている資産を処分する事無く月々の返済が5万円から3万円へと減額。ほんの少しですが、生活にこれまでなかったゆとりが生まれました。

借金追われ続けるという生活から、借金を返済しつつも少しのゆとりがある生活へと変化しました

これまで実家で暮らしていた頃は、過払い金などお金に関するトラブルは限られたごく一部の人だけに当てはまるものだと思っていましたが、こうした問題はだれでも抱える可能性があるという事を知り、自分の収入に見合った生活の仕方を今一度考え直すきっかけとなりました。任意整理の手続きの時に担当してくれた弁護士さんも、私が生活を立て直すために真剣に向き合ってくれ、相談して本当に良かったです。一番初めに電話をかけるまでは色々な事を考えてしまいなかなか一歩を踏み出す事ができなかったのですが、その一歩を踏み出しさえすれば、専門家の人が親身になって助けてくれるので、借金の事で悩んでいる人がいれば今すぐに相談をする事を勧めたいと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

任意整理では将来利息以外もカットできる

目次任意整理をすると利息が免除される仕組み任意整理ではいく…

楽天カードの債務整理体験談

パチンコで負けて借金をすることになりました。

借入額190万円

怪我をして治療費や生活のために借金をしました

借入額100万円

夫が壊した会社の備品を弁償する為

借入額80万円

債務整理をしたら借金がなくなりました

借入額120万円

借金の悩みが亡くなりました。

借入額120万円

連帯保証人となって借金を背負い込みました

借入額180万円