小規模個人再生で持ち家を失わずに済みました

2019.01.11 更新

会社員

借入先業者名
借入額
320万円
借入期間
6年2ヶ月
毎月の返済額
8万円

会社の賞与が出ずに住宅ローンの返済に困って借金。

勤務先の会社が業績不振に陥り、賞与の支給が当面凍結されたことから、半年ごとに支払う住宅ローンのボーナス払い分の返済に困りました。半年ごとに50万円用意するためには、毎月9万円積み立てる必要があり無理がありました。結局4年間支給されず、ボーナスが再開されても金額が少なかったので、その間に借入が増えてしまったのです。住宅ローンを滞納して競売に掛けられることを考えると、夜も眠れない不安な状態が続きました。会社の同僚にも同じ状態の人がいたので、互いに情報交換しながら借金を返済する生活を送っていました。

プロミス、シンキ、アコム、バンクイックから各80万円の借金。月々8万円の返済。

プロミス、シンキ、アコムからの借入が枠一杯にまで広がると、消費者金融からの借入は出来なくなりました。仕方なく銀行系カードローンのバンクイックを利用することになったのですが、返済額も増えてきたので借りては返すの繰り返しとなってしまい苦しい状況から抜け出せませんでした。自宅を任意売却で手放すことも真剣に考えなければならない状況に陥っていたので、債務整理を真剣に考えつつ生活して行くと、家庭内の喧嘩が増えてしまったように感じています。心に余裕が無くなると、イライラが衝突しやすくなるのでしょう。

小規模個人再生により借金が圧縮されて返済しやすくなりました。

いよいよ返済が厳しくなってきた時に、法テラスで弁護士相談を利用すると、個人再生手続きを行なえば住宅ローンをそのまま支払い続けることが出来ると言われました。家を失わずに済むという点に惹かれて、個人再生手続きを依頼しました。滞納をしていなかったので、債務調査を行った上で再生計画案を立案して小規模個人再生を申し立てました。100万円に圧縮された借金を3年かけて支払えば良かったので、ボーナスが徐々に支給されるようになってきていたことから、毎月3万円の支払いを無事に完了出来ました。

住宅を失わずに生活を再建出来るようになりました。

住宅ローンの返済額は、ボーナス払いをあてにして計算すると痛い目に遭うことがあることを知りました。民間企業では、ボーナスはあくまでも業績給という位置づけのためにあまりあてにせずに、毎月の給料から積み立てて支払える環境を整えた方が良いことが分かりました。債務整理の方法として、小規模個人再生手続きを取った後も継続して住宅ローン返済が出来るようにボーナスは貯蓄に回すようにして、毎月の給料からなるべくボーナス払いを返済出来るように生活設計を見直す機会が出来て良かったと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

債務整理はバレない?家族や会社に内緒で借金返済する方法

目次債務整理の中には家族や会社にバレやすい手続きもある自己…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

プロミスの債務整理体験談

積み重なった借金を綺麗に整理することができました

借入額90万円

恋人と同棲をはじめ、生活苦になりクレジットカードや消費者金融から約150万円借り入れを行いました。

借入額150万円

家に住み続けられます。

借入額200万円

債務整理をしてから家族に笑顔が戻りました

借入額190万円

マイホームのローンが払えそうです。

借入額210万円

クレジットカードの使いすぎで多重債務者に。

借入額350万円