任意整理を行なう際には弁護士に依頼すると良いと知りました

2019.03.14 更新

会社員

借入先業者名
借入額
210万円
借入期間
6年3ヶ月
毎月の返済額
6万円

生活費が不足して借金で賄うようになっていました。

正社員への登用が期待出来る職場へ契約社員として就職しました。なぜなら、管理職や中途採用以外では契約社員として働き、正社員となるためには試験を受けて昇進する方式を採用している会社だったからです。一人暮らしを始めたばかりで、意外と生活費が掛かることを知りました。最初の半年程度は両親からの援助がありましたが、以後は自分で全て賄う必要があったので、不足した生活費はクレジットカードを作成してショッピングリボ払いで繋ぐ状態となっていたのです。3年程度で正社員として採用されると期待していましたが、5年経過しても採用されませんでした。

エポスカード、オリコ、セゾンカードから各70万円の借金。月々6万円の返済。

正社員登用されればボーナス支給があるので、今の生活が改善されると考えていましたが、5年経過しても登用されずに半ば諦めの状態でした。ボーナス払いで返済しようと考えていた目論見が崩れて、借りては返しを繰り返す状況に借入残高が増えて行くことが分かりました。しかし、利用可能枠も増えて行ったので、生活が何とか出来ている状態でした。しかし、貸金業法改正により総量規制が適用されると、利用可能枠はあるにも関わらずカードのリボ払いや分割払いが利用停止となってしまったのです。生活に困って債務整理を考えることになりました。

任意整理により借金額が半減し、全額返済出来ました。

返済に困り法テラスへ無料法律相談予約をすると、弁護士を紹介されました。債務調査を正確に行なう必要はありましたが、リボ払い手数料が25%前後と高かったので、任意整理を行なう際に金利引き直し計算を行なえば借金が半額程度になることが判明しました。勤務先を変更しないのであれば、任意整理を行い将来利息をカットして元金のみ返済して行けば自己破産をしなくても済むというアドバイスをしてもらえました。実際に債務調査を行った結果として、債務総額が210万円から95万円に減ったので、毎月3万円を3年間支払返済が完了しました。

借金総額を圧縮出来て生活をやり直すことが出来ました。

債務調査を弁護士が行っている間に、家計簿を付けてみると生活費として無駄が多いことを弁護士事務所の事務員から指摘されました。食事の大半をコンビニ弁当で賄っている段階で自炊に比べて明らかに高い支出となっており、被服費も高額になっていました。生活レベルを落として、自炊に切り替えることで毎月4万円程度削減出来ることを知り、生活費の使い方を見直すことが出来ました。任意整理を行った結果として毎月支払う3万円を、完済後には貯蓄にそのまま回せるようになったので貯蓄する習慣も身について良かったと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

債務整理後はローンやキャッシングなど借り入れできない!どうして…

目次債務整理後でもお金を借りたい!審査はいつ通る?原則5年間…

任意整理を円満に進めるための弁護士や司法書士の選び方

目次債務整理の1つ。任意整理の特徴は?借金の取り立てが止まる…

セゾンカードの債務整理体験談

全てを失った為に抱えた借金

借入額150万円

個人再生で1000万円の借金が300万円に減額

借入額7社から約1000万円

過払い金請求で借金生活から解放されました。

借入額220万円

クレジットカードで買い物をするようになったのが借金のきっかけ

借入額140万円

借金から開放されました。/38歳会社員

借入額200万円

浪費が原因で作った借金250万円が任意整理の結果、120万円に減りました

借入額250万円