自ら意欲的に支払うことの意味

2019.03.26 更新

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
2年9ヶ月
毎月の返済額
6万円

生活費の足しにと思って借金。気がついたら大変なことに。

毎月の給料が手取りで12万円ほどと少なく、四苦八苦していました。そのため、格安の賃貸アパートに住んでいました。そんな中、アパートの更新料を捻出する必要が起こり、親に頼ることもできないため、消費者金融業者やクレジット会社からの借入金でまかなうことにしました。20万円を借入れ、窮地をしのぐことができました。その後も、たびたびのように、借金の返済のために借金をするという悪循環にハマってしまい、借金が膨らむことになりました。気がつけば、総額150万円がのしかかってきました。

レイクとモビット、イオンカードから各50万円ずつの借金。合わせて月々6万円の返済。

借入当初の返済は上手くいっていましたが、借入金の合計が100万円を超えると、給料だけでの返済が難しくなってしまいました。保育士の給料は低いと話題になりますが、本当に参ってしまいました。残業代がついても、生活が楽になることはありません。毎月の給料だけでは、返済に行き詰り、自転車操業状態になりました。カードの限度額内いっぱいまで、借入をして、何とかつなぐような感じになってしまい、精神状態も悪くなっていきました。遅延してしまうと、勤務先に電話がかかってくると思い、必死に返済しました。

債務合計額が大幅に激減、返済がスムーズになりました。

市役所の無料相談会に行き、弁護士を紹介してもらい、事務所に出向きました。弁護士には、借入をしている消費者金融業者やクレジット会社のことについて、しっかりと詳細を話しました。過払い金も期待しましたが、取引自体も古くないため、過払い金はありませんでしたので、迷わず任意整理を依頼することにしました。その結果、毎月の支払額が、6万円から2万4千円に減ることになりました。保育士を続けていても、生計を立てることができる目途がついたため、安心しました。気持ちも劇的に、楽になりました。

精神状態も改善し、仕事にも集中できます。

弁護士との一対一でのカウンセリングを受けることによって、自分自身の生活全般を見つめ直すことができました。結果として、収入自体には変化はないものの、若干の余裕資金も捻出することができるようになったのです。食事は自炊をメインにすることで、外食にかかる費用を抑制することができましたし、電気をこまめに消すことにより、光熱費の無駄をなくすなどの取り組みに自然と取り組めるようになりました。また、任意整理をすることで、支払の総額が確定したため、借金の残高が目に見えるかたちで減っていくのがわかり、返済意欲が増しました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

レイクの債務整理体験談

ギャンブルがやめれなくて借金をするように。

借入額280万円

給与所得者等再生を選ばなければならなかったのは自分のせいです

借入額300万円

兄家族の家計を助けるために借金をしてから債務整理したまでの話

借入額150万円

司法書士が借金の状態を細かく管理してくれたので合理的に借金を完済できた

借入額240万円

借りているだけのお金を自分のお金のように使い続けて、最後は任意整理しなければいけないことに!

借入額240万円

先を見通した援助で救われた!

借入額450万円