一切損がない過払い金請求

2019.03.30 更新

自営業

借入先業者名
借入額
250万円
借入期間
3年6ヶ月
毎月の返済額
10万円

昔からの夢であったレストランを開店するために借金をしました。

長い間飲食店で働いていましたが、いつか独立して自分の店を持ちたいと考えていました。少しずつお金も貯めており計画は着々と進んでいました。開店のための資金は半分ほどは自分で準備できましたが、足りない半分は銀行から融資を受けられることになっており、無理のない返済計画を立てていました。しかし、お店として借りる予定であったテナントの家賃が想定していたよりも高かったことと、食器やテーブル、椅子などの初期費用にお金がかかったため、銀行以外にも消費者金融から借金をして工面しました。

レイクから150万円、モビットから100万円。月々10万円の返済。

消費者金融から借金をしてしまったのは気がかりでしたが、ずっと夢見ていた自分のレストランを開店でき毎日やりがいのある生活を送っていました。お店の方は最初は順調な滑り出しでお客さんの入りもよく、毎月の返済も無理なく行えていました。しかし開店から3ヶ月ほどたつと徐々にお客さんが来ないようになり始め売り上げも減ってきてしまいました。お店の維持費や従業員の給料、私の家族の生活費の他に銀行や消費者金融への毎月の返済が負担となってきて生活が苦しくなってきました。いざという時の貯金を切り崩しながらかろうじて返済している状態でした。

過払い金請求で借金が半減しました。

自分のレストランを開店するために消費者金融から借金をしてしまいましたが、やっと夢が叶い持つことができた店なので何としても閉店にはしたくない一心で仕事に励みました。しかし最後の蓄えであった貯金もほとんどなくなってしまいどうやって返済したらよいのか分からない状態でした。消費者金融からの借金を少しでも減らす方法をいろいろ調べたところ、過払金の請求によって借金を減らせる可能性があることを知り弁護士事務所に相談してみました。結果としては毎月10万円の返済を行なっていた借金が月々3万円の返済にまで減りなんとかお店を続けることができるようになりました。

簡単な手続きで多くのお金が戻ってきて本当に助かりました。

過払い金請求をして一番良かったと思ったことは、自分は一切の損をしないで済んだということです。せっかく過払い金が返ってきても、弁護士の先生に支払う費用の方が上回ってしまっては全く意味がありませんが過払い金の中から費用を支払えばよいとのことだったので安心することができました。また、少しでも借金を減らすためにお店を休まずに毎日営業したかったのですが、面倒な請求手続きはすべて弁護士の先生が代行してくれたので自分の生活ペースを乱すことなく請求が行えたのも大きなメリットでした。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

任意整理ができない3つのケースとその対処法

目次任意整理できないケース1|任意整理後の支払いをできるだ…

レイクの債務整理体験談

風俗にはまってしまい、借金をしました。

借入額210万円

ギャンブルで負けた勢いで借金をしました。

借入額200万円

ショッピングをする為に借金をしていたら、いつの間にか積もり積もって手に負えない程の金額になっていました。

借入額160万円

病気で収入が減り、借金をしました。

借入額210万円

浪費癖が招く当然の結果

借入額300万円

小規模個人再生手続きは債務額が大きいほど効果があります

借入額670万円