クレジットカードの返済のため消費者金融から借りてはならない

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
7年11ヶ月
毎月の返済額
7万円

クレジットカードの支払い方法にリボ払いがあることを知り使いすぎました。

契約社員ですが、実質的には時給制で働いているので派遣社員に近い存在でした。出勤日数により給与額が変わるので2月などは手取りが少なくなりました。クレジットカードを使って生活用品は割引特典を受けていましたが、リボ払いが出来る案内を受けたことで毎月の支払いが一定額になる魅力にのめり込んでしまいました。今まで翌月に払えるか心配で最小限しか購入していなかった縛りが消えて、好きなものを好きなだけ購入してしまうようになり、リボ払い残高が一気に増えてしまったのです。収入が変わっていないので、今から考えると無謀でした。

ニコス、イオンカード、オリコから各50万円、プロミスから30万円の借金。月々7万円の返済。

ニコス、イオンカード、オリコはそれぞれ支払い日が異なるので、会社に内緒でアルバイトをしていた給与と合わせて何とかやりくりしていました。しかし、どうしても不足してしまったので消費者金融のプロミスを契約すると借入が出来てしまったので、借りては返すを繰り返して更に借金額が増えてしまいました。滞納はしていなかったものの、借金で借金を返す生活が長く続くわけがなくニコスカードが利用停止となった時点で返済が不能となることが判明しました。暫く借金返済のことで頭がいっぱいになり、夜も寝付けない日々が続きました。

任意整理を行った結果として、返済額が半分に減りました。

困って債務整理を得意とする弁護士事務所へ連絡して相談に向かうことにしました。借入に関する書類を全て持参するように言われたので、そのとおりにすると、リボ払い手数料の高さを指摘されました。借金総額と金利の高さから、任意整理を行なう際に金利引き直し計算をすることで借金総額を減らせるので、将来金利をゼロにする交渉を行なえば3年程度で完済出来そうという話です。実際に任意整理を弁護士へ依頼すると、債務調査を行った結果として、金利引き直し計算後に残った借金総額は、180万円から87万円に半減しました。毎月3万円の返済で3年かからずに完済出来ることが分かってホッとしたわけです。

任意整理の結果として支払う返済額を圧縮出来たので、生活に余裕が出るようになりました。

任意整理を行った際に、毎月の家計状況から無駄な支出を削減して返済に回す必要性に迫られました。今までどんぶり勘定で生活していたことが反省されましたが、実際に細かい細目に分けて家計簿を付けてみると、無駄遣いが多く見られました。コンビニで買い物している商品が余りにも多く、スーパーで買い物をするだけで月に1万5千円は差が出たのです。被服費も最低限とは思えない支出があったので、ルールを決めることで生活費を圧縮出来ました。任意整理を行ったことで、金利による影響がいかに大きいか、生活費に無駄が多いことを知ることが出来たので、今後の生活を見つめ直すキッカケとなりました。今では貯蓄が出来るようになったので、生活再建に成功したと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金の任意整理を専門家に依頼したい!費用はどれくらい?

目次借金の「任意整理」、専門家へ相談するのを躊躇させる費用…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

私を救ってくれた債務整理体験談

借入額120万円

今利用しているカードが利用停止となる可能性があります

借入額140万円

クレジットカードの継続審査で引っかかりました

借入額210万円

債務整理を決意したらその場でカードにハサミを入れました

借入額280万円

個人再生で1000万円の借金が300万円に減額

借入額7社から約1000万円

決断をした自己破産の道

借入額90万円