簡単なことに何故か気付けずに債務整理に至ることがあります

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
5年4ヶ月
毎月の返済額
8万円

会社の先輩に誘われてスロットに嵌ってしまい借金。

大学卒業後に入社した会社の先輩に誘われて、パチンコ店のスロットを打ったらのめり込んでしまい、借金を作ってしまいました。何とも言えない高揚感とリズムが好きで止められなくなってしまったのです。給与の大半を注ぎ込んでしまう状態が続き、ギャンブル依存症が疑われました。病院にも通ってみた所、医師から提案された解決手段は意外なもので、スロット機を購入して自宅で愉しめば良いというものでした。ギャンブル依存症ではなく、機種マニアが講じたものだったので自宅にあれば借金を重ねなくなるというものでした。

プロミス、アコム、シンキ、レイクから各50万円の借金。毎月8万円の返済。

借金が増えるに従い、債務返済に追われる日々が続きました。給料日から1週間で大半の現金を使ってしまうので、給料が出たら最初に食料品購入と各社への返済を行いました。手元に残す現金をあまり多くしないことがポイントでした。しかし、スロットを打つことが好きで特定の機種ばかり打っていたことから、パチンコ店へ足を向けないことばかり考えていました。既に返済額が収入の3割を超えていたので、債務整理をしなければならないという認識がありました。医師からスロット機種本体を自宅に設置する提案がされるまで、スロット打ちにパチンコ店へ通い続けてしまったわけです。

任意整理により借金額が減額されて完済しやすくなりました。

医師の提案により、なけなしの25万円を投資してスロット機を自宅に設置して時間を決めて打つことにしました。ギャンブル依存症の人とは異なり、スロットマニアと判明したので不思議と満足出来ました。外出が少なくなったことから、支出が減り生活が安定してきました。任意整理を弁護士に依頼したことで、債務調査の結果として金利引き直し計算を行なうと、200万円あった借金総額が105万円に減らせることが分かりました。債権者との任意整理交渉が和解に至るまでは不安がありましたが、将来利息をカットして月4万円の返済で3年かからず完済出来て良かったです。

借金の原因を絶ち、債務整理により生活にゆとりを持つことが出来るようになりました。

債務整理を行なう際には、弁護士とよく相談した上でどの方法を採用するか決めます。単なる借金問題解決では、再発防止にならないからです。ギャンブル依存症の疑いがあったので、医師による診察を受けるように言われたことは驚きましたが、結果としてギャンブル依存症ではなく単なるスロットマニアと判明しました。生活再建を行なう上で障害となりそうな習慣や行動が見られる場合には、改善を行なうことが大切だと知りました。任意整理を選んで債務を圧縮出来たことも、借入時期が関係しています。数年ズレて借入を行っていれば個人再生手続きに至っていた可能性もあったのです。債務整理を行なう際には、専門家への依頼を通じて人生を見つめ直すキッカケとなると感じました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

債務整理で業者との和解交渉にかかる期間はどのくらい?

目次債務整理にかかる期間は?早ければ数日?過払いが発生して…

任意整理すると住宅ローンは組めなくなる?

目次任意整理後に住宅ローンは組めなくなる任意整理すると住宅…

レイクの債務整理体験談

借金を続けると感覚が麻痺してしまいます

借入額300万円

過払い金請求で借金を全額返済

借入額250万円

交際していた男性に騙されて借金地獄になりました

借入額160万円

社内イジメにより鬱状態に陥りました

借入額350万円

借金問題には、一度専門家の先生に相談するのが良いです。

借入額324万円

債務整理は早いほど良いことは本当でした

借入額150万円