クレジットカードを目の前で裁断する所から債務整理は始まります

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
220万円
借入期間
6年8ヶ月
毎月の返済額
7万円

正社員を目指して交友関係を広げすぎてクレジットカードを使いすぎました。

クレジットカードの使い方には、一括払いと分割払いの2種類があることは知っていましたが、オリコからリボ払い専用カードの案内を受けて利便性が良いと切り替えました。支払い時に一回払いと宣言しても全てリボ払いとなるので、見栄を張ることが出来たのでつい使いすぎてしまったのです。正社員の推薦があれば、契約社員から昇格出来る制度があったので、職場の正社員とは仲良くする必要があったので、飲み会に参加したり休日の交友関係を広げましたが、正社員とはボーナス分だけ賃金格差があるので同じ付き合いをしていれば借金が増えることは明らかでした。

オリコから120万円、プロミス、シンキから50万円の借金。月々7万円の返済。

クレジットカードはオリコだけでしたが、支払いに困った時にプロミスとシンキを契約していました。借りてリボ払い決済をする生活から、利用可能枠に余裕は出ましたが、消費者金融からの借入が増えただけで借金問題は何ら解決していませんでした。残高スライドリボルビング方式という支払い方法は、元金が減りにくいシステムと知ったのは借金苦になってからのことです。正社員化を諦めて、勤務先支店を変更して家賃が安い地域に移動しましたが、借金の元金はなかなか減らずにアルバイトを掛け持ちする状態になっていました。

任意整理により借金総額が半減し、全額返済出来ました。

身体的に掛け持ちバイトが辛くなったので、債務整理を依頼するために弁護士事務所を訪れると、金利の高さを指摘されました。一番高いオリコで25%でしたから、改正貸金業法が施行されたことで今後は金利が下がるものの、違法金利で借りていることが判明したのです。任意整理を行なう際に、利息制限法に則った金利引き直し計算を行なうと、オリコは40万円、プロミスとシンキは25万円ずつの残債と判明したので、合計90万円を毎月3万円ずつ3年弱支払うことで和解を成立させることになりました。プロミスとシンキはすぐに和解出来ましたが、オリコとは交渉が難航して8ヶ月かかりました。毎月の返済額が7万円から3万円に減り返済が楽になったのです。

身の丈に合った生活を送れるように、支出を見直すことが出来ました。

債務整理の方法として任意整理を行いましたが、グレーゾーン金利があった頃でしたから任意整理で借金を完済出来たと考えています。債務整理を行なうことは、単に悪いことだと以前は考えていました。しかし、依頼した弁護士から人生をやり直すチャンスだと考えるように言われたことから、身の丈に合った支出へと切り替えるキッカケと出来ました。一度上げてしまった生活レベルを下げることは困難が伴うので、債務整理を通じて生活を地味なものに変更することが出来たと考えています。債務整理は、人生をやり直すチャンスとなりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

債務整理費用を安く済ませるコツとは

目次費用が最も安いのは自分で行う債務整理自分で行う債務整理…

プロミスの債務整理体験談

生活費に困って借金。簡単に借りられるため計画性を見失い借金地獄に。

借入額120万円

治療費の支払いでキャッシングを利用しました

借入額150万円

過払金請求で借金を完済

借入額60万円

お金持ちの生活にあこがれて、欲しいものを何でも買った。

借入額350万円

妻が病気になってしまい、お金がかかった。

借入額300万円

弁護士費用分割払いが可能でした

借入額250万円