フリーランスは全てが自己責任となることを思い知らされました

2019.03.26 更新

自営業

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
5年9ヶ月
毎月の返済額
7万円

所属している会社から独立したものの、機材トラブルに見舞われて借金。

雑誌や新聞向けの写真撮影を行なうカメラマンの仕事をしていましたが、持病の喘息治療も兼ねて空気が良い場所へ移住しながらカメラマンとして生活することを選びました。都会の空気が悪い場所に住むことは憚られたので、良い機会と考えたわけですが、仕事を初めて2年目に機材トラブルに見舞われて多額の修理費がかかりました。プロ向けの機材は高額となるので、仕事量を増やさないと回収できない状態となったのです。会社所属であれば、修理費は会社持ちでしたがフリーランスとなった後は全て自己責任となることを実感しました。

ジャックスとセディナから各70万円の借入、セゾンカードの残債60万円。

プロ向けのカメラやレンズ、編集機材は一式揃えると500万円程度します。新たに買い直した場合には、ローンを組んだ結果として支払いが出来なくなると全て信販会社に回収されてしまうので、購入には踏み切れない状態でした。貯金をはたいて購入した商売道具ですから、何とか修理して使っていたわけです。仕事量を増やすことが絶対条件でしたが、体調面も万全では無かったのでいかに経費を少なくして乗り切るかを考えていました。結果として、信販会社の返済を他社の借入で賄う生活が続いてしまい、借金額が増えて更に苦しくなっていました。

任意整理を行い借金額が1/3に減り、全額返済出来ました。

支払いが厳しくなってきた時に閑散期を迎えることが明らかでしたから、債務整理を依頼するために弁護士事務所を訪れると、任意整理で解決可能というアドバイスを得られました。分割払いの金利が24%だったので、利息制限法や割賦販売法に照らし合わせるとグレーゾーン金利の状態で借りていることが判明したわけです。金利引き直し計算を行なうと、借金額は200万円から70万円程度まで圧縮出来ることが分かったのですぐに任意整理を依頼しました。将来金利をゼロとする交渉も合わせて行なうことで、月3万円の支払いを2年間行なう和解案で任意整理が完了しました。

債務整理を行なうことで仕事に必要な機材が回収されずに仕事を続けることが出来ました。

債務整理の方法として弁護士からのアドバイスは、任意整理だったことに意外性を最初は感じていました。しかし、債務総額がまだ少ない段階で弁護士へ相談出来たことで、個人再生や自己破産を免れることが出来たことは良かったです。債務整理を着手する時期により、任意整理では済まなかったことを考えると、フリーランスとして働く際のリスク管理がいかに大切か身をもって学ぶことが出来ました。経費節減を重視しつつ、バックアップ機材を準備して業務に支障が出ないようリスクヘッジを行いながら、プロカメラマンとしての仕事を続けていきたいと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

債務整理をしたけどキャッシングを利用したいという人へ

目次債務整理をすると、キャッシングの利用はNG!「ブラックOK…

任意整理すると住宅ローンは組めなくなる?

目次任意整理後に住宅ローンは組めなくなる任意整理すると住宅…

セディナの債務整理体験談

ギャンブル依存だった自分

借入額130万円

バイナリーオプションはギャンブルに近い存在です

借入額150万円

個人再生を続けて2回行なうことに

借入額400万円

返済計画を初めて知りました。

借入額150万円

車を手放せずに債務整理が遅れました

借入額400万円

債務手続きを実体験しました

借入額200万円