見栄やプライドのために借金をしていました

2019.02.06 更新

OL

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
3年2ヶ月
毎月の返済額
5万5千円

見栄のために、ブランド品を買い漁ったことが借金をするきっかけです。

私はアパレルのショップ店員をしています。そのため、身なりにはとても気を使います。毎日着る服やメイク用品、さらにはスキンケア用品などの美容関係の物までたくさん買わなくてはいけません。そのため、給料は生活費と洋服代などでほとんどなくなってしまいます。さらに、職場は女性が多いです。周りの女性には負けたくないという思いがあり、ブランド品で身を固めるようになっていったのです。どれだけいい物を身に着けているか、流行りに乗っているかが大切で、そうでなくなると職場に居場所がなくなってしまいます。

レイク、プロミスから各100万円の借金。毎月5万5千円の返済。

初めは職場の女性に負けたくない一心で、ブランド品を買い漁っていました。そして回数を重ねるごとに、借りる金額もどんどん大きくなっていったのです。ブランド品を身に着けていることがステータスで、そうしなくては自分には何の価値もないと考えるようになっていきました。元々プライドが高い方だったので、間違った方向にベクトルが向いていったのだと思います。借金を返す余裕がなく、催促の電話が家に何度も来ました。電話が来たときは、必ず居留守を使って無視し続けていたのです。そして、とうとう職場の方に催促の連絡が行き、職場に居づらくなった私は仕事を辞めました。

借金と向き合うことが出来ました。

アパレルの仕事を辞めたことで、ブランド品を買い漁るようなことはなくなりました。そのため、借金を増やすことななくなったのです。でも、過去にしてしまった借金は残ったままです。仕事を辞めてしまったので、借金を全額返済することはとても出来そうにありません。そのため、任意整理の手続きをすることにしました。毎月5万5千円支払うべきだったところを、3万円に減額してもらうことが出来ました。借金を返済するために、仕事にも就きました。今まで滞納していた分を、全額ではありませんが毎月コツコツと返済しています。

浪費癖が治り、見栄をはるような生活をしなくなりました。

アパレルの店員を辞めたことが大きいのですが、見栄やプライドのために浪費をしなくなったことが、私にとっては最大のメリットだと感じます。借金が減額されたことはもちろんありがたいことです。ですが、借金をしないような考え方をしたり、生活を送っていったりしないと、また借金をしてしまうと思うのです。根本を絶たなくては意味がありません。このことに気づかせてくれたのことは、今後の人生にとってとても価値があったと言えます。債務整理をすることで借金と向き合うことが出来、そして借金を返済していくための解決の糸口が見つかって本当に良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理を円満に進めるための弁護士や司法書士の選び方

目次債務整理の1つ。任意整理の特徴は?借金の取り立てが止まる…

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

レイクの債務整理体験談

迷っている時間があれば、即行動

借入額200万円

ボーナス払いはアテにしてはならない

借入額320万円

給料が下がっているのに生活レベルを上げすぎて、借金地獄になりました。

借入額313万円

それまでの自分と決別すること

借入額160万円

借金返済なら迷うことなく債務整理を

借入額155万円

キャバクラに通うようになりお金が必要になったので。

借入額180万円