離婚には費用がかかります

2019.03.26 更新

会社員

借入先業者名
借入額
310万円
借入期間
9年2ヶ月
毎月の返済額
10万円

離婚時に支払う慰謝料が一括で支払えずに借金。

専業主婦希望の元妻に対して家事をしないことを責めたことで離婚請求をされました。仕事をしていない元妻のために離婚協議の中に慰謝料名目で当面の生活費を600万円支払うことが盛り込まれたので、手持ちの預貯金400万円では不足したので200万円を信販会社と消費者金融から借入て支払いました。独身に戻ったことで各種手当てが減額されて、毎月の支払いが苦しくなり借りては返すを繰り返していた所、雪だるま式に借金が310万円にまで増えてしまいました。特に贅沢をしていたわけではありませんが、生活レベルを落とす必要があったのです。

プロミス、アイフル、スタッフィから各80万円、シンキから70万円の借金。月々10万円の返済。

毎月の支払いが気がつくと10万円にまで増えていたので、手取り給与24万円から家賃と借金を支払うと手元には8万円が残るだけでした。そのままでは生活費が不足するので、会社に内緒でスポットアルバイトを始めましたが、大した金額を稼げずに借金の返済はボーナスに頼るしかありませんでした。離婚当時から暫くは会社の業績が不審で支給されていませんでしたが、離婚から4年経過した時に突如ボーナス支給が再開されました。ボーナスの支給額は毎回安定しているわけでは無いので、債務整理を弁護士に相談して進めることにしたわけです。

任意整理で借金が80万円に圧縮され、ボーナス払いで全額返済出来ました。

毎月の支払いが10万円に達したことで、金利を減額交渉出来ないものかと弁護士事務所に相談に行くと、貸付金利がグレーゾーンと言われました。最初は意味が分からなかったのですが、任意整理を行い全取引履歴を取り寄せて金利引き直し計算を行なえば、残債は半分以下になると言われたのです。債務調査の結果、残債は80万円と判明したのでそのまま返済すると毎月4万円に下がりますが、将来金利と経過利息もゼロとする交渉を行なうことになりました。急がずにゆっくり交渉をしてもらうことで、ボーナス支給を2回受ければ一括返済出来ることが分かったので、弁護士と相談して交渉を慎重に行ってもらい、和解と同時に残債を一括払いすることが出来ました。

債務整理の方法として任意整理を行なうことで、借金を完済しやすくなりました。

金融業者からお金を借りる時には、何としても借りなければならないので金利についてあまり真剣に見ていなかったことを反省しています。任意整理手続きを行なうことで、改正貸金業法や利息制限法など各種法律知識を多少持っていた方が日常生活にも役立つことを知りました。任意整理で完済出来たことで、結婚生活を全て清算出来たことになります。任意整理により、新しい人生をスタートするために借金という重い足かせを軽くすることが出来て良かったと考えています。支出の見直しを合わせて行なうことで、貯蓄を計画的に行えるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

保証人がある借金を任意整理した時、保証人に与える影響は?

目次保証人付きの借金。任意整理をしたら、返済義務が保証人へ…

プロミスの債務整理体験談

商工ローンの債務保証で個人再生をしました/49歳会社員

借入額1500万円

早めの相談が借金解決への第一歩です

借入額152万円

債務整理をして生活が改善されました。

借入額80万円

キャッチセールのローンで借金をしてしまいました

借入額180万円

過払い金が返ってきて苦しかった借金生活にサヨナラ出来ました

借入額240万円

バイナリーオプションはほとんど賭博

借入額320万円