驚きの結末になったことに感謝

2019.03.14 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
10年2ヶ月
毎月の返済額
8万円

軽い気持ちで借り出したのが悪夢の始まり。

今の勤務先に就職したころに、給料日前になると、極端に財布の中が厳しくなってしまうことが続いていました。そんな時に先輩から勧められて、軽い気持ちで消費者金融業者に融資を申し込み、借入をすることになりました。その後、借りたお金を自分が稼いだお金と勘違いするような感覚に陥ってしまいました。特にギャンブルなどにハマるようなことはありませんでしたが、特段の節約生活をすることもなかったため、徐々に借金が増えていきました。結果、ボーナスが出る月以外は、厳しい状況になっていました。

プロミスやアコム、ライフカードそしてニコスからそれぞれ50万円ずつの借金。毎月の返済は8万円に。

消費者金融業者やクレジット会社から合計額200万円の借入になっていました。毎月の返済には8万円も用意しなくてはならず、手取り収入の半分ちかくが持っていかれる状況になりました。事実上、生活ができなくなり、親に相談しました。それまでの一人暮らしをやめるように説得され、実家に戻ることになりました。実家からも勤務先には通うことができる距離にあったため、助かりました。とはいえ、親には借金返済のためにお金を貸すことはできないといわれ、住む場所だけを確保することができた状態でした。

思いきって相談することにより、解決しました。

追い込まれてしまったため、弁護士に相談することにしました。弁護士からは、取引期間が長いため、過払い金請求が可能といわれ、依頼することにしました。その結果、50万円ほどの金額を手にすることができました。私自身、過払い金についての理解をしていなかったため、本当に驚きました。借入してからの取引が長く、利率も高かったため、過払い金請求ができたという説明を弁護士からされました。考えてみれば、多めに払った利息の一部が戻ってきただけなのですが、得した気分になりました。全社完済になり、債権者ともかかわる必要がなくなりました。

毎月の返済から解放されることになり、精神面も安定。

予定もしていなかったお金を手に入れることができたことが一番の収穫でした。しかしながら、弁護士からは、今後においては、容易な借入をしないようにという厳しいアドバイスを受けることになりました。今のところは、実家での生活のため、食事などの面ではかなり楽な生活を送っています。親に甘えることなく、自立していくことの重要性についても、考えるきっかけになりました。加えて、過払い金請求という事態が起こりうるということを知ることができたのも有意義なことでした。友達などから借金の相談を受けた時の参考になります。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

決断をした自己破産の道

借入額90万円

人間関係が濃い会社には注意すべきでした

借入額360万円

クレジットカードの使いすぎで多重債務者に。

借入額350万円

別除権協定で悩むことになりました

借入額400万円

ブランド品をキャッシングで購入していたら借金生活から抜け出せなくなり、最後は任意整理を選択しました

借入額200万円

身の丈に合った暮らしをしないと失敗します

借入額400万円