初めて自己破産をしました。

2017.11.29 更新

主婦

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
8年程
毎月の返済額
6万円

子供の学費が足りなくなって借金しました。

結婚して子供が二人生まれ、子供が小さいうちは共働きでつつましく生活できていました。しかし、事故の後遺症で仕事ができなくなって私が専業主婦になった上、子供が進学して学費がかさむようになり、借金をしなければ生活ができなくなりました。夫が転職をして収入アップしたため、返済がなくなれば生活ができるめどが立っているものの、毎月の返済額が大きくなっていることもあり、支払いを後回しにすることがほとんどです。子供もバイトをしたり塾に行かずに頑張ってくれていますが、かなり苦しかったです。

プロミス、モビット、セディナ、アプラスから計120万円を借りて、毎月6万円返していました。

プロミスから50万円、モビットとセディナから各20万円、アプラスから30万円借りており、返済の一部は借り入れからの補てんでした。ですが、すでに限度額いっぱいの借金になっていて、今では毎月の収入を何とかやりくりして遅れながら返す状況です。家族の協力は得られているものの、子供たちが部活や進学などを諦めて働こうとしている様子を見ると、親として非常に申し訳なく感じています。夫も激務の上に率先して残業や休日出勤をしているため、近頃では体調を崩して休日に寝込んでいることが多くなっていました。

借金がなくなり、家庭内が明るくなりました。

私自身の財産がほとんどないこともあり、弁護士からは自己破産を勧められました。法律扶助を利用して毎月3000円の支払いで依頼できることになり、手続きは全て弁護士に一任しました。結局、120万円あった借金は支払わなくてもよくなり、今まで毎月負担していた6万円が自由に使えます。今後も子供にお金がかかるため、生活にゆとりを持たせるために3万円は生活費に組入れ、3万円は積み立てをしていくという話でまとまっています。自己破産をしなければ、おそらく今頃はもっとひどい生活になっているところでした。

今後の計画を立てる目安ができました。

自己破産の依頼中に、弁護士からいろいろなアドバイスをもらえました。例えば、学費は奨学金制度を利用すれば低金利、または無利息で借りられること、在宅で体調に合わせてできる仕事もあることなど、生活に必死で調べようとしなかったおかげで、ずいぶんと損をしていたことも理解できました。将来的にかかる費用の目安も聞けましたし、破産して支払いが減ったことで、そのための積み立ても現実的な内容になっています。借金がなくなったことはもちろんありがたいですが、親身になって相談に乗ってもらえたことも嬉しかったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の郵便物はどこに届く?絶対に借金をばれずに完済する方法

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

車のローンを債務整理の対象にするとどうなる?完済後の審査は?

目次車のローンを債務整理の対象にすると、愛車はどうなる?債…

公共料金を延滞した場合、債務整理の対象になるの?

目次延滞した公共料金は任意整理の対象にはなりません。公共料…

モビットの債務整理体験談

自己破産をして楽になる

借入額300万円

浪費癖がたたり、多額の借金をするハメになりました。

借入額400万円

きちんと計画的に返済ができるようになりました

借入額210万円

債務整理をして生き方が変わりました

借入額200万円

過払い金請求は借金で苦しんでいる人の強い味方

借入額150万円

浪費癖が招く当然の結果

借入額300万円