借金にお困りなら、勇気を持って債務整理を

2019.03.30 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
5年3か月
毎月の返済額
6万円

私が借金を始めたキッカケは、パチンコで遊ぶお金欲しさからです。

当時、私は派遣社員として働いていました。月収は手取りで約25万円程で、特に生活には困っていませんでした。無趣味だったのですが、ある日、友人に誘われて初めてパチンコをしたところ、すっかりハマってしまい、これが借金をするキッカケになってしまったのです。最初の頃は自分の収入の範囲内で遊んでいたのですが、段々と負けが増えるにつれ、カードでお金を借りるようになってしまったのです。最初はほんの軽い気持ちだったのですが、そのうち借りる金額も大きくなり、どんどん借金が増えていってしまったのです。

初めて借りたのはエポスカードでした。1万円のリボ払いで、翌月にはちゃんと返済も出来ていました。

月々のエポスカードへの返済が3万円、アコムへの返済が3万円でした。滞納することはなく、毎月ちゃんと支払っていましたが、月末にお金がなくなるとまた借りてしまうため、借金が減ることはなく、むしろ少しずつ増えていきました。しかし、収入は同じままなので、やがて生活に困るようになり、家賃を滞納することが増えました。そして、その滞納分を払うためにまた友人に借金を頼むようになりました。しかし、それも返せず、友人との関係も悪化。その状況が他の友人や知人にも伝わり、やがて誰にも相手をされなくなってしまったのです。

過払い金請求をし、全額返済出来ました。

司法書士に依頼し、過払い金請求をしたところ、毎月の支払いが6万円から3万5千円ほどに減りました。月々の収入と生活費のバランスなども司法書士と相談をし、生活を改め、借金のキッカケとなったパチンコもやめました。返済計画では約3年半ほどで完済できるような見込みになり、月々の支払いを続けているうち、3年ほどでアコムの分を完済。その後はエポスカードの分だけの支払いになり、月々の返済が楽になり、精神的にもかなり楽になりました。そして、その半年後にエポスカードも完済することが出来ました。

月々の返済額がほぼ半減したことで、精神的な余裕が出来ました。

最初は債務整理に対してネガティブなイメージがありました。誰かに自分の借金の状況を話すことが恥ずかしいという思いがあったからです。しかし、思い切ってやってみると、司法書士の方がとても丁寧に返済計画を作ってくれて、借金返済へのモチベーションも上がりました。一人で思い悩んでいただけでは、債務整理の方法などもまったく判りませんし、相談する相手が出来たことで返済に対して前向きになったと思います。そして、何より債務整理をしたおかげで生活を見直すことが出来たのが大きかったと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

イオンカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次イオンカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

エポスカードの債務整理体験談

ストレスからの衝動買いをカードのリボ払いでしていたら多額の借金を抱え、最後は任意整理する羽目に

借入額200万円

パチンコ、スロットに使うために借金を始めました

借入額140万円

ブランド物を買いすぎて出口のない借金生活に突入しました。

借入額230万円

キャバクラ通いで借金をするように

借入額210万円

頼まれると断れない性格が災いし、兄妹にお金を貸すため借金をしたら、自分が借金で苦しい生活を送る羽目になってしまいました。

借入額190万円

会社を退職するための条件を満たすための借金

借入額320万円