自己破産で人生を再スタートしました

2019.03.30 更新

会社員

借入先業者名
借入額
260万円
借入期間
4年3ヶ月
毎月の返済額
8万円

家電量販店に正社員として勤務していた時に無理にローンを組まされました。

体育会系のノリがあるとは分かっていたものの、大学卒業時の就職活動で内定を得られたのが家電量販店のみでした。入社後に待っていたのは、毎日課される前年比ノルマですが、当時の店長と副店長に予算未達成時に様々な家電製品のローンを組まされました。家電量販店と提携している信販会社だったので、社員証でローンが簡単に組めてしまう状態となり、一人暮らしにも関わらず60インチのテレビを買わされたりして借金を背負うことになりました。完済するまでの間は商品を転売することも出来ないので、箱に入ったままの商品をただ家に置いておく状態だったのです。

UCカードとクオークから各130万円の借金。月々8万円の返済。

ノルマ達成のためとはいえ、自腹購入を強制される日々が続くと借金額が増えすぎて、退社を強制されているのではないかと感じる日々が続いていました。精神的に参ってしまったので、退職をして派遣社員として工場勤務を行なうことになりましたが、今度は賞与が無いので毎日の生活が苦しい状態が続きました。自宅の家電製品だけが豪華な状態で、どうにもならずに債務整理をして人生をやり直したいと考えるようになっていたわけです。しかし、相談出来る窓口についても当時は情報が無かったので、払えるだけ払い続けていました。

自己破産の免責決定を受けて借金が免除されました。

自己破産手続きは1つだけと思っていましたが、弁護士に相談に行き事情を説明すると個人再生手続きをとるか自己破産にするかは、難しい判断が必要と言われました。なぜなら、購入させられた商品の価格が高額なために自己破産手続きを行った際に、破産管財人手続きとなる可能性が高いからです。個人再生ならば再生計画案が承認されるだけで済むので迷いますが、家電量販店と提携した信販会社だったので再生計画案が否決される可能性が高かったので、破産管財人手続きがある自己破産となりました。不用品となっていたので、全部購入した家電製品は破産管財人に処分してもらい、半年かけて清算を行い借金が無くなりました。

自己破産手続きにより清算出来て新しい生活を始められて良かったです。

欲しいと思って購入した商品ではない家電製品を購入させられていたので、自己破産で全て清算してもらえたことで新たな人生をスタートさせることが出来ました。物を処分するだけでなく、気持ちの面でも整理が付きました。本来ならば破産管財人に専任された弁護士は、監視する役割がありますが、事情を察してあまり厳しい対処はされませんでした。過去の債務を清算する意味合いが主目的の債務整理ですが、不用品が処分出来てかえって好都合だったと考えています。当面借入が出来ないことで、家計をしっかり把握した地味な生活が求められますが、それでも幸せに感じています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

セディナの債務整理体験談

返済計画を初めて知りました。

借入額150万円

過払い金返還請求は自分から行動を起こさないと失効します

借入額200万円

心を入れ替えて頑張ります。

借入額80万円

任意整理のおかげで、まるで借金が減らない苦しい日々から解放されました。

借入額250万円

やむを得ない事情で破産しました。

借入額100万円

浪費が原因で作った借金250万円が任意整理の結果、120万円に減りました

借入額250万円