マイホームに住み続けられます。

2019.03.14 更新

自営業

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
7年4ヶ月
毎月の返済額
計15万円

住宅ローンの返済と売り上げが少ないときの生活費として借りました。

比較的早い段階で自分の店を持つことができ、結婚して子供も生まれたころには収入がそれなりにあったため、30年ローンでマイホームを購入しました。最初のうちは計画通りに支払えていたものの、子供の習い事や学用品などが予想以上に高額でした。また、景気の冷え込みで収入源である飲食店の売り上げも激減し、生活費としてサラ金から借金をしたのが始まりでした。できるだけ借金はしないように気を付けていたものの、どうしても不足してしまったときには少額の借り入れを繰り返し、気が付けば100万円を超えていました。

楽天カード、イオンカード、レイク、プロミスから計130万円借りて、毎月7万円返していました。

楽天カード、イオンカード、レイク、プロミスからそれぞれ50万円ずつ借りていて、返済期日がずれているため何とか遅れずに返済しています。ですが、すでに妻も限界まで仕事を入れており、私も経費の削減はぎりぎりまで行うなど、できる対策はやりつくした感があります。このままでは遅かれ早かれ家を手放さなければならないと考えて、店の近くにある司法書士事務所に予約を入れて相談してみたところ、住宅を守りながら支払いを減らせる個人民事再生の手続きを勧められました。家族とも破産と再生のどちらをするか話し合い、結局再生にしました。

100万円近い減額と毎月の支払減で楽になりました。

司法書士に依頼して個人再生を申し立てたところ、住宅ローンは今まで通りの返済で、サラ金や信販会社からの借金は100万円を5年かけて返せばよいという結果になりました。おかげで、毎月の返済は司法書士への分割の報酬を加えても3万円を切る金額になり、4万円以上余裕が出ています。しかも、一番心配していたマイホームにはそのまま住み続けることができますので、非常に満足しています。個人再生の支払いは利息もつきませんので、これからは決められた金額をきちんと返していけば、完済を実現できます。

家族間での会話が増えて明るくなりました。

今まではお金のことや将来への不安などを口にするのが怖くて、自然と家族との会話も少なくなっていました。子供もその雰囲気を感じて家の仲が常に暗い状態でしたが、支払いが終わるめどが立ったこともあり、今では些細な話で笑いあうことが増えています。今の時点でもかなり負担が軽くなったという実感がありますが、5年たって全額返済した時にはさらに支払額が少なくなりますので、売上を一定状態に保つことができれば住宅も守れそうです。今回の債務整理をきっかけに、妻とも家計のやりくり等について協力して見直すことになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスに債務整理をしたことが知られてしまう債務整理を…

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

「相談することが解決のきっかけ」弁護士法人サンク総合法律事務所 …

目次依頼者様が借金の事を考えず生活できるようになることがや…

楽天カードの債務整理体験談

クレジットカードの便利さに感動して頻繁に利用。無計画な利用で借金苦に。

借入額120万円

奨学金返済が厳しくなって借金をしました

借入額70万円

気付いたら多重債務者になっていました

借入額200万円

保険適用外の手術を行う予定だったのですが、その時の検査結果が悪く、更に他の手術も必要となったため借金をするに至りました。

借入額180万円

個人再生手続きで借入額を減額しました

借入額500万円

自己破産のデメリットはあまりない

借入額170万円