利用可能枠は貯蓄とは異なります

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
230万円
借入期間
5年8ヶ月
毎月の返済額
8万円

入社時にクレジットカード一体型のキャッシュカードを作成したことが間違いで借金漬けになりました。

契約社員として勤務することになったキッカケは、大学で行われる就職活動に失敗して就職浪人をしたくなかったので、とりあえずすぐに働ける会社に入ったことです。既卒でも実績次第で正社員になれる会社だったのですぐに就職したわけですが、給与振込口座は会社指定の銀行支店でした。クレジットカード一体型を作成することが入社条件だったので、言われるまま作成しましたが、後でショッピングローンを組むことになるとは考えてもみませんでした。紹介する商品を自分で実際に購入して体験談を話して営業する仕事だったのです。

三井住友カードから130万円、エポスカードとアイフルから各50万円の借金。月々8万円の返済。

実際の製品価格が50万円程度の商品を購入して、実際に使用した体験から客に勧めて行くタイプの営業だったので、歩合給の割合が高かったわけです。営業力が強い社員は、すぐに元が取れますが、新卒の契約社員がすぐに営業出来るとは思えないので、同期入社の大半はすぐに会社を退職して行きました。しかし、他に就職先が無かったので3年間も勤務した結果として、残ったのは多額の借金だけでした。営業先の客に紹介されて、今の会社に転職出来たものの支払いが辛くなっていたので債務整理を行なうことにしました。

任意整理で借金が半分に減りました。

230万円の借金を抱えたままでは、生活費が不足するので弁護士事務所へ相談に行くと、ショッピングローンの金利が高いので任意整理で借金を圧縮可能と言われました。最初に組まされた額が大きかったので、三井住友カードの分は過払いとなっていたことで残っていたエポスカードとアイフルの2社に対して45万円ずつの支払いだけで済みました。結果として月3万円の支払いを2年半行なうことで完済出来ました。任意整理は、和解が成立した所から順次支払いを開始出来るので、完済までが早くなって良かったです。

任意整理は個別に交渉出来るので、和解成立した所から返済出来て助かりました。

任意整理の和解が成立した後は、毎月3万円の支払いを弁護士事務所経由で債権者に支払うことになりました。結果として、毎月の支払いが安定して完済後は貯蓄に回すようにしました。習慣化してしまえば、積み立て貯金が出来ることを知ったので、債務整理を行った結果として家計の見直しも合わせて行なえた点が大きいと考えています。今まで家計簿を付けたことがありませんでしたが、弁護士事務所の事務員に付け方を教えてもらい、何とか記録に残すようにしてみると、無駄遣いの洗い出しが出来るようになりました。計画的な貯蓄をするためには、無意識に使っているお金をなくすことが大切と知ったのです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理や過払い金請求で官報に掲載される?

目次任意整理や過払い金請求したい!気になる官報って一体何?…

リボ払いを債務整理するメリットとクレジットカード返済のコツ

目次リボ払いを債務整理するときのメリット任意整理するとクレ…

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

三井住友カードの債務整理体験談

クレジットカードのリボ払いは金銭感覚が麻痺します

借入額250万円

ストレスから買い物依存症になり借金が膨らみました。

借入額200万円

債務整理してスッキリした話

借入額2000万円さらに友人の借り入れの連帯保証が5000万円

相談することの大切さ知りました。

借入額130万円