会社が倒産しても住宅ローンは残ります

2019.03.30 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
320万円
借入期間
5年3ヶ月
毎月の返済額
9万円

住宅ローンが20年残っている段階で会社が倒産して借金。

大学卒業後に就職した会社は、順調に思えていましたが、敵対的買収により倒産に追い込まれました。経営者とは連絡が付かない状態のまま、突然の会社倒産に失業手当は出たものの、住宅ローンは残ったままとなり生活費が不足して消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用して何とか生きている状態でした。失業手当の金額は65%と少ないので、派遣社員として働き始めましたが、住宅ローンのボーナス払いが厳しい状態となり、借金残高が減らない状態が続いていました。シフト制のためにダブルワークにも限界があったので、これ以上収入のアップは望めませんでした。

ニコス、ライフカード、シンキ、アプラスから各80万円の借金。月々9万円の返済。

住宅ローンの返済額は毎月8万円でしたが、信販会社と消費者金融からの借入額が増えるとともに返済額が増し、9万円に到達しました。派遣社員として夜勤を含めて働き、スポットバイトを入れても月25万円が限界だったので、毎月赤字を埋めるためにさらに借金を重ねる状態でした。いよいよ返済が翌月から遅延すると分かったので、債務整理を行なう決意をしました。債務整理を行なうと家も失うと思っていたので、中々踏み切れなかったわけですが、苦しい生活に耐えきれなくなりようやく重い腰を上げた実情があります。

小規模個人再生で借金が減額されて何とか返済完了出来ました。

債務整理の方法といえば、任意整理か自己破産しかないと思っていたので、弁護士へ相談した時に小規模個人再生の話をされて驚きました。持ち家を売らなくても住宅ローンの返済を行いつつ債務整理が出来るとは考えていなかったからです。銀行には毎月の返済額を10万円にしてボーナス払いを無くす組み換えを弁護士経由で依頼することで同意してもらえたので、小規模個人再生に踏み切ることが出来ました。毎月の返済額として住宅ローンは2万円増えましたが、信販会社と消費者金融への支払いが3万円を3年間に減額出来たので楽になりました。

小規模個人再生により持ち家を失わずに済んで生活が安定しました。

派遣社員として働いている職場は、3年経過後に契約社員となれることが確定していたので、契約社員への切り替えが出来ました。家計簿を付ける習慣が出来たので、生活費を項目別に予算決めして使用することが出来るようになりました。買い物を行なう時にも、ルールを決めておくことで無駄遣いが無くなりました。何よりコンビニで買い物をすることが無くなった点が一番大きいと感じています。小規模個人再生により債務が圧縮出来ただけでなく、家計を見直すキッカケにもなったことで住宅ローン完済に向けて頑張る意欲が湧いてきました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

車ローンを債務整理対象にするとどうなる?完済後の審査は?

目次車のローンを債務整理の対象にすると、愛車はどうなる?債…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

約10年間の借金。過払い金請求でお金が戻りました。

借入額125万円

訪問販売に引っかかって借金しました。

借入額70万円

周りが見えなくなっていた怖い経験

借入額320万円

アイフルからの借金がすべてなくなりました

借入額130万円

妻に内緒のもうひとつの家庭

借入額400万円

私を救ってくれた債務整理体験談

借入額120万円