リボ払いのツケは失業した時に回ってくる

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
290万円
借入期間
9年4ヶ月
毎月の返済額
9万円

正社員として就職していた先が海外移転して失業。リボ払いが払いきれなくなりました。

一流大学には進めなかったので、就職先は中堅企業でしたが給与は月に40万円とそれなりに得られていました。しかし、事業転換に伴い本社を含めて全てをタイへ移すことになり、全社員も移動対象となったのです。海外への移住が出来ない社員は、会社都合退職という扱いになりますが、退職金はほとんど出ないので実質的にはクビに近いものでした。給与額が良かったので、生活費の多くをショッピングリボ払いにしており、リボ払い残高が240万円もありました。失業手当が出ている間も支払いは続くので、生活が破綻することは目に見えていたのです。

オリコから150万円、ニコスから各90万円のリボ払い、プロミスから50万円の借金。月々9万円の返済

中堅企業の割に知的財産権を扱っていたので、月収が40万円と安定していたためにショッピングリボ払いを毎月20万円に設定していました。今までは生活費の大半をクレジットカード払いで賄っていたので、リボ払い残高が240万円あってもボーナス払いで一気に減額出来たので問題ありませんでした。しかし、失業に伴い失業手当ではリボ払いにも不足する自体となり、消費者金融から借りて返済する生活から借金額が増えて行きました。結果として、債務整理を行なう必要が出てしまったわけです。生活レベルを一気に落とせなかったことと、タイへの移住に躊躇したことが悔やまれました。

任意整理によりグレーゾーン金利で借りていた部分が減額され、何とか全額返済出来ました。

オリコからのリボ払い手数料が25%と高かったので、債務整理を相談した弁護士が債務調査を行った結果として、既に借金は完済されており過払金が40万円ありました。ニコスとプロミスの金利は利息制限法の範囲内だったので、そのまま140万円の債務が残ったので、過払金返還請求をオリコに対して行い得られた40万円でニコスの一部返済を行い、債務額を合計90万円にまで圧縮しました。毎月5万円を1年8ヶ月続けて完済に至りましたが、将来利息を免除してもらえたことで返済が早まりました。個人再生手続きを想定していましたが、任意整理で済んで良かったです。

任意整理を行ったことでリボ払いのデメリットを把握出来て生活再建に役立ちました。

リボ払いの金額が大きくなったことで、通常の分割払いとは異なり管理の難しさを知りました。任意整理を行なう際に、弁護士からいつの借入か計算が難しくなることを示されたので納得しました。未使用のクレジットカードは持っていますが、リボ払いが使えないようにすると共に現金主義の生活を組み立てることにしています。任意整理を行った信販会社や消費者金融とは二度と取引出来ませんが、家計を見直して借金をせずに生活出来るように支出を全て見直すことが出来たことが大きいと考えています。今まで何となく使ってしまったお金を、項目別にに分けて使う大切さを学べました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

借金の任意整理を専門家に依頼したい!費用はどれくらい?

目次借金の「任意整理」、専門家へ相談するのを躊躇させる費用…

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

借金が現金に化けました。

借入額80万円

手元のお金が減らないと借金している感覚にならない間違い

借入額270万円

貸金業法改正により自己破産を選びました

借入額320万円

スピーディーに過払い金の返還請求ができた

借入額300万円

洋服やブランド品購入のために借金を重ね、多重債務に。

借入額200万円

会社が倒産しても住宅ローンは残ります

借入額320万円