商工ローンの債務保証で個人再生をしました/49歳会社員

2019.01.11 更新

40代会社員

月収
借入先業者名
借入額
1500万円
借入期間
5年3か月
毎月の返済額
債務保証分を除き,約5万円

父の経営している会社の事業資金の保証人

父が会社の事業資金として商工ローンに手を出してしまい、その連帯保証をしていました。当時国会などで問題となった取立ての厳しい商工ローンです。又、当時の経営状態も芳しくなかった為に、共同経営者として働いていた私の給料も支払われず、消費者金融や銀行のカードローンからも借金をしていました。そんな時に父の会社の取引先が倒産。その会社から受け取っていた支払い手形も不渡りとなり、父の会社も連鎖倒産。その商工ローンの債務保証をしなければならなくなり、更に父の住宅ローンの保証人にもなっていたので、そのローンの支払いも自分にのしかかってきました。

日栄900万円。プロミス50万円。三井住友カードローン200万円。近畿大阪銀行住宅ローン450万円

当時は結婚してから間もない事もあり、更に父の会社の倒産による債務となったので、嫁姑の関係が一気に悪化しました。それまでも特に仲が良いというわけではありませんでしたが、その債務を背負うことになり嫁が私の実家へ行くことも殆どなくなりましたし、電話もしなくなりました。また当然ながら贅沢な生活も出来ないので、外食は禁止。更に少しでも家計の足しすべきと、オークションで家の中の売れるものはすべて売りました。又自分でも雑貨などを作って、オークションで販売したりフリマに出品して生活費を稼ぎました。

個人民事再生で借金は1/5に減りました。更におびえていた商工ローンからの取り立てもなくなりました。

当時私が背負った債務総額は1500万円程度でしたので、サラリーマンで給与生活を送っている私にはとても払える金額ではありません。弁護士に相談して個人民事再生をしましたが、申し立てから約半年で債権者との交渉も終わり、裁判所の決定も出て個人再生がスタートしました。その結果、支払い期間は5年間。毎月の支払い金額は8万6千円となりました。当時の私の年収が800万円ほどあった為に、3年の支払いから5年へ延長してもらう交渉に時間を要しましたが、なんとか可決してもらえることになりました。

取り立てもなくなり、落ち着いた生活を取り戻すことができました。

当時は自宅のマンションを所有しており、住宅ローンも抱えていましたので、絶対に自宅だけは手放したくないと思っていました。そんな時に個人民事再生という債務整理がある事を知り、自己破産ではなく自宅を残したまま債務整理をする事ができたので、妻や子供の為にはよかったと思いました。又弁護士に相談した段階から取り立てや債権者からの直接の連絡もできなくなるので、当時商工ローンの厳しい取立て(マグロ漁船に乗せられるとか、肝臓を売らないといけないとか)からも逃れることができて、落ち着いて家族との生活を守ることができました。それからは、様々なローンを組む際には慎重に考えるようにしています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理で業者との和解交渉にかかる期間はどのくらい?

目次債務整理にかかる期間は?早ければ数日?過払いが発生して…

アメックスの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次アメックスの特徴アメックスの借金を債務整理するときの注…

アコムの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次利息をカットも|アコムの借金を任意整理するメリットまと…

三井住友銀行の債務整理体験談

開放感はお財布に適用したら駄目です

借入額200万円

脱サラした喫茶店に失敗して借金を背負いました

借入額230万円

約10年間の借金。過払い金請求でお金が戻りました。

借入額125万円

自分の経営しているお店の運転資金が不足したので借金をした

借入額380万円

人を見る目がなかった自分に後悔

借入額150万円

ホストクラブにはまり借金。気づいた頃には借金苦に。

借入額300万円