専門家に相談して良かった/30歳自営業

2019.03.22 更新

30代自営業

月収
30万
借入先業者名
借入額
80万円
借入期間
1年6か月
毎月の返済額
5万円

外国為替証拠金取引に多くの預金を使ったためで、当時は平均すると月収約30万円です。

副収入が欲しいと思っていた時に、コンビニで立ち読みした雑誌に外国為替証拠金取引のことが書いてあったのを覚えています。確かにリスキーな金融商品ではあるものの、毎月数万円を稼ぐのはあまり難しくないということだったので仕事の合間に挑戦してみることにしたのです。なにしろ始め方が簡単で少額投資からスタートできる商品だったので、そこも魅力に感じて次第にトレーディングが日課になっていった記憶があります。アジアや北欧の輸入家具を販売する小規模な店を経営しており、毎月の収入は約30万円です。

プロミスから80万円を借りて、月々5万円の返済

主な変化は、借り入れをしてから余計為替のトレーディングに夢中になり、上司がいない自営業の為勤務時間中にもかかわらず店のパソコンやスマートフォンで副業のFXばかりするようになったことです。徐々に金銭感覚がマヒするようになったし仕事にあまり集中できなくなったのは確かなことと言えます。食事もあまり取らなくなったし、他人ともコミュニケーションを取らなくなったのも覚えています。仕事以外の時間も外国為替証拠金取引のトレーディングやトレーディングの研究ばかりするようになったのは自分のなかで大きい変化です。

弁護士に過払い金請求を依頼して借金を減らすことに成功しましたが、もっと早くしておけば良かったです。

毎月の返済額が半分以下になったのは個人的にかなり嬉しいです。なにせ本業である店の経営がまったく上手くいかず黒字を計上するのがようやく、といった状態だったからです。毎月5万円返済していた時でも店の景気は悪かったのですが、過払いしていた利息が返還されたことにより、食費を切り詰めたり交際費を節約する必要がほとんどなくなったのは嬉しい変化と思っています。月々の返済額が減った分、弁護士費用がかなりかかるのかと予想していましたが、合計で請求された報酬額はあまり高くなかったのでそれも嬉しかったです。

簡単に借金を減らすことができるというのは意外だったし、それを手伝ってくれた弁護士に感謝です。

一切身内に知られることなく過払い金請求を出来たのは意外で嬉しかったです。金融商品に安易に手を出すのは良くないという教訓を得ることもできたので、そこも私は収穫だとみなしています。過払い金請求を依頼した貸金業者からは2度とお金を借りれなくなりますが、もう外国為替証拠金取引をすることも無いので、それは私に関係ないです。また、ブラックリストに掲載されることもないので、それは過払い金請求のメリットと思っています。お金を簡単に借りるのも危険だと改めて学習したし、法律事務所の弁護士からも借金の怖さを教えてもらえたのは良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

ビューカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ビューカードの特徴ビューカードの借金を債務整理するとき…

任意整理はどの消費者金融の借金なら出来る?他の債務整理が良い場…

目次クレジットカード、住宅ローン、銀行ローンと消費者金融も…

プロミスの債務整理体験談

借金の悩みがあるなら、迷わず債務整理を

借入額230万円

大学の授業料の支払いに困って借金に頼ってしまいました

借入額120万円

ギャンブルがきっかけで預金を使い果たし、借金をしました。

借入額180万円

予想以上に費用が安かったです。

借入額80万円

最後のチャンスのつもりで覚悟を決めました。

借入額200万円

司法書士に任意整理を頼んで良かった

借入額80万円