過払金の返還請求は本当に急がなければならなかった

2019.01.11 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
170万円
借入期間
7年6ヶ月
毎月の返済額
6万円

会社勤めをしていた頃にショッピングリボと消費者金融で借金。会社が倒産して借金地獄に。

大学を卒業して入社した会社では、クレジットカードと生命保険の勧誘が新入社員に向けて行われることが普通でした。加入するまでしつこく迫られるので、クレジットカードを作成すると全く使わなければ年会費がかかるので、使うようになっていました。リボ払いが便利で支払が一定額となるので使っていましたが、会社が突然倒産することになりリボ払い残高が多かったので、消費者金融で借金して賄っていました。支払期間が7年ほどかかり完済するまでの期間が特に辛かったです。当時はとにかく借金して賄えることを最優先してしまっていたので、今から考えると法外な金利で借りていたことに気が付きませんでした。

ニコスとオリコのリボ払いが各60万円、レイクから50万円の借金。月々6万円の返済。

ボーナス払いで時々一括返済を行っていましたが、会社が倒産間近になるとボーナス支給額が激減したのでリボ払い残高が残ったままになることが増えました。会社が倒産した後は、暫く失業保険を受取ながら職業訓練校に通いプログラミングの勉強をする機会に恵まれました。結果として失業保険給付では生活費が不足するので内職やスポットバイトをしながら何とか返済額を確保しました。就職試験を受けても落ちてしまったので、仕方なくアルバイトをしながら自営業としてデバッグを請け負う仕事を行ない何とか生活していたわけです。

過払金請求により120万円戻ってきました。

テレビCMで過払金返還請求が出来る可能性があることを知り、完済済みの借金でしたが弁護士事務所へ連絡をして確認してもらうことにしました。現在も該当するクレジットカードを持っている場合には、利用停止になる点の注意を受けたので別のクレジットカードを1枚作り、ニコスとオリコは解約処理をすることにしました。レイクは既に解約済みでしたから、全取引履歴を取り寄せて金利引き直し計算を行なう作業を弁護士に任せた結果として、ニコスとオリコから各50万円、レイクから20万円の過払金が返還されることが分かったのです。しかし、最後の支払から10年以内に行わなければならなかったので、即過払い金返還請求訴訟を提起することになりました。

思わぬ貯蓄が出来ることになり、生活に余裕が出来ました。

自営業を行なうようになってから、無理な仕事を請けずにコツコツと返済を行った結果として過払い金返還請求が出来たと考えています。法律について全く無知な状態では損をしてしまう可能性が高いので、業務に関連する法規については必ず確認するようになったことは言うまでもありません。過払い金返還請求は、過去に苦労して返済した借金が実はグレーゾーン金利による任意返済だったことを知った時には、憤りを感じましたが今では無知だったからと納得しています。金融業者とはなるべく関わらない生き方をして行くことを改めて誓いました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

通販ショッピングにはまったのが原因の借金

借入額200万円

友人の借金を肩代わりして多重債務者に。

借入額350万円

クレジットカードの使い過ぎで債務整理

借入額90万円

借金が大幅に減額できた/42歳パート

借入額80万円

身の丈に合った暮らしをしないと失敗します

借入額400万円

リボ払いは打ち出の小槌ではありません

借入額160万円