任意整理で人生の良い勉強ができました

2019.03.22 更新

借入先業者名
借入額
125万円
借入期間
2年5ヶ月
毎月の返済額
4万円

仕事のストレスから金遣いが荒くなり、買い物や遊興費のために借金。

とにかく買い物に遊びにと借りては使いの繰り返しで、現金を手にしては派手に使っていました。もちろん仕事はしていましたが余裕はなく、給料ももらえばすぐに使ってしまう状況でした。そのうち給料も月々の家賃や光熱費、食費など決まった支払いをするだけでも精一杯になり、携帯電話や光熱費の支払いを滞納する月もありました。でも、そのストレスを解消するためにまた借金が増えていきました。最初は何とかなるだろうと思っていましたが、気がつけば借入先や借入金の総額を把握できないほどになっていました。

アコム50万円、プロミス40万円、ノーローン20万円、レイク15万円。月々9万円の返済。

借金がまるで収入の一部のような感覚になっていました。当たり前のように借入をしないと、生活が回らない状況でまさに自転車操業でした。一人暮らしだったので家族に借金がバレることはありませんでしたが、一人で過ごす時間が長くなっていきました。友人に遊びや食事に誘われてもお金がかかるので、ほとんど断るようになっていました。人付き合いが悪くなったと思われていたと思います。気持ちにも余裕がなくなっていく日々で、借金のことを考えると夜も眠れずに体調を崩して会社を休むことも増えていました。

借金の額が大幅に減額されて、無理なく返済できました。誰かに相談できたという安心感も強く感じました。

弁護士さんに相談するまでは、自己破産になっても借金に追われる生活になるよりは良いかなと半ば諦めの気持ちもありました。でも、実際に話を聞いてみると、自己破産をしなくても任意整理でも生活は十分楽になると聞いて手続きをお願いしました。その結果、月々9万円支払っていた返済額を5万円にまで減らせました。これなら贅沢はできなくても、借金のことを考えると眠れないといったプレッシャーを感じずに生活を立て直せる思いました。家族にもバレないように手続きをしてもらえたのも本当に助かりました。

自己破産が避けられた上に、眠れない日々から解放されたことが素直にうれしかったです。

改めて自分の金銭感覚が世の中の人とかけ離れていたことに気付かされました。実際に弁護士さんに返済プランを考えていく中で、生活に必要なお金と返済のためのお金、自由に使えるお金を収入に照らし合わせてみると、やはり今までの生活には相当無理があったのだと実感できました。結果的には良い勉強になって良かったと思っています。また、家族にも知られずに、余計な心配をかけることなく、手続きができたのも大きなメリットでした。これからは借金ではなく、将来のために貯蓄を考えたお金の使い方をしていければと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

目次債務整理には代表的な方法として「任意整理」「個人再生」…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

レイクの債務整理体験談

債務整理の方法は法律知識が無ければ判断が難しい

借入額350万円

生活レベルを維持するために借金をして借金地獄に陥りました。

借入額280万円

過払い金請求で借金問題は解決できる

借入額230万円

友人の借金を肩代わりして多重債務者に。

借入額350万円

生活費としてキャッシングして繰り返しているうちに多重債務者に。

借入額300万円

自分磨きの為、借金。

借入額150万円